お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

受験生にオススメ! 追い込み時に聞きたい応援ソング1位「負けないで(ZARD)」

本格的な受験シーズン到来。春に向けては追い込みの大切な時期です。そんなとき、歌に背中を押してもらった経験のある人も多いはず。今回は、受験生にオススメしたい、追い込み時に聞きたい応援ソングを読者665名に聞きました。

【受験生の76%に症状あり。「受験うつ」は受験生の身近な問題】

Q.受験生にオススメ! 追い込み時に聞きたい応援ソングを教えてください(複数回答)
1位 負けないで(ZARD) 20.8%
2位 栄光の架橋(ゆず) 20.3%
3位 サクラ咲ケ(嵐) 19.1%
4位 ガッツだぜ!!(ウルフルズ) 14.4%
5位 終わりなき旅(Mr.Children) 12.8%

■負けないで(ZARD)

・「運動会などでよく流れる定番曲なので、今までの努力を思い返して自信になりそうだからです」(23歳女性/ソフトウェア/技術職)
・「頑張っている人の姿が浮かんできて、自分も頑張ろうと思えるから」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「あの透き通った声で応援されると、がんばれそうな気がする。つらいときはよく思い出していた」(52歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■栄光の架橋(ゆず)

・「オリンピックの感動みたいな盛り上がる気持ちで、勉強を頑張れそう」(30歳女性/食品・飲料/事務系専門職)
・「オリンピックのイメージが強いですが、サビの部分が”夢に向かって頑張ってきたんだ、さあ行こう!”という気にしてくれます」(26歳女性/機械・精密機器/技術職)
・「よく聞いていたし、心身ともに励まされるので」(22歳女性/医療・福祉)

■サクラ咲ケ(嵐)

・「嵐の歌はどれも元気が出る曲調のものばかりだから」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「ポジティブに頑張れる!」(21歳女性/生保・損保/事務系専門職)
・「もう少し頑張ろうと思わせてくれるから」(34歳女性/情報・IT/事務系専門職)

■ガッツだぜ!!(ウルフルズ)

・「元気が出るソングはこれ。無条件に体が反応する」(46歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「あのパワフルな歌声で言われると、頑張ろうという気になるから」(37歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「何も考えなくても応援ソングだとわかるから。最後はガッツだ」(19歳女性/印刷・紙パルプ)

■終わりなき旅(Mr.Children)

・「自分が受験や苦しいときによく聞いていたから、現実味があって励みになる」(35歳男性/情報・IT/技術職)
・「”高ければ高い壁のほうが上ったとき気持ちいいもんな”という歌詞がいい」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「ミスチルはツアーの度に行っているが、終わりなき旅は本当に名曲だと思う」(27歳男性/自動車関連/事務系専門職)

■番外編:あの名曲が元気をくれた

・どんなときも(槇原敬之)「優しく応援してもらっている感じが、いいと思う」(44歳男性/電機/技術職)
・何度でも(DREAMS COME TRUE)「挫折しそうなときに聞きたいと思う。元気がでる曲」(30歳女性/金融・証券/営業職)
・ラストチャンス(Something ELse)「実際、学生のときに聞いていました」(29歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

●総評
たくさんの名曲の中から1位に選ばれたのは、「負けないで(ZARD)」でした。応援歌の定番で、明るい曲調と前向きな歌詞ががんばる受験生にピッタリ。「受験のときによく聞いていた」という人が多かったです。2位は「栄光の架橋(ゆず)」。

つらいこともたくさんあったけど、前を向く勇気をくれる歌詞が多くの人を元気づけているようです。

3位は「サクラ咲ケ(嵐)」でした。明るく前向きな曲と歌詞が、ポジティブな気分にさせてくれますね。4位「ガッツだぜ!!(ウルフルズ)」は、パワフルさで人気。5位「終わりなき旅(Mr.children)」は、壮大なサウンドと深い歌詞が多くの人の心に届いているようです。

ランク外には、「どんなときも(槇原敬之)」「何度でも(DREAMS COME TRUE)」「ラストチャンス(Something ELse)」などの名曲も。今回は、自分が受験生のときに聞いていた曲を挙げてくれた人が多かったです。

どの曲もそれぞれに胸に響いてきます。受験生の皆さんは、このような曲を聞いてがんばってほしいですね。
(文・OFFICE-SANGA 二宮由紀子)

調査時期:2013年11月23日~2013年11月29日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性256名、女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]