お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

女性は男性よりもストレスによる睡眠障害に悩むことが多い

質の良い睡眠を十分に取り、スッキリと目覚めた朝はやる気に満ち溢れ気分も良いはずです。その一方、なかなか眠ることができない夜は「眠りたいのに眠れない!」「明日の仕事に響く!」という焦りが悪循環を生み、どんどん目が冴えてしまうことも。

【睡眠の謎―なぜ私たちは寝るの?】

倦怠感を抱えたまま朝を迎え昼食後にウトウト…なんてことは、誰しもが一度は経験しているはずです。女性は特に月経や妊娠によってホルモンが変動しやすく、様々なストレスからの影響を受けやすいため、男性よりも睡眠障害に悩む傾向にあることが研究により明らかとなっています。

職場の問題、育児、家庭と仕事の両立など、自分自身ではさほど認識していないくても、それらのストレスが不眠につながるケースは意外なほど多いのだそう。睡眠障害はまた、女性にとって大敵とも言える体重増加や肌の老化とも密接な関わりがあるため、長期的に睡眠不足に悩むようであれば軽視すべきではありません。

最近では不眠症に直接働き掛ける睡眠導入剤以外にも、睡眠障害の原因ともいうべきストレスを緩和するための錠剤なども販売されています。自分に合った方法を取り入れながら、質の良い睡眠を十分に確保してくださいね。

参考: Research Shows Stress-Related Sleep Problems Worse for Women, Says Carter-Reed Company?
http://www.prnewswire.com/news-releases/research-shows-stress-related-sleep-problems-worse-for-women-says-carter-reed-company-235352411.html

お役立ち情報[PR]