お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

NYのハーレム住民全員に提供!無料パブリックWi-Fi―2014年5月より開始

米国ニューヨークのハーレム地区の95ブロックすべてをカバーする無料Wi-Fiネットワークが来年2014年5月までに導入予定。これにより同地区に住む約8万人の住民すべてが無料でWI-Fiアクセスできるようになります。

【ニューヨークのオンラインデートサイト「モテるには180センチ必要」―研究結果】

無料パブリックWi-Fiとしては国内最大規模。

ニューヨークのブルームバーグ市長によると、カバーエリアはマンハッタンの110丁目から138丁目のフレデリックダラス通りからマディソン街まで。この大規模プロジェクトは、MSD Capital社社長であるグレン・ファーマン氏の200万ドル(約2億円)もの寄付により実現したといいます。

この無料Wi-Fiネットワークの名前と今後使用されるパスワードはまだ未決定のため、同市では地元の学校生徒に名付け親となってもらうべくコンテストを実施しているそうです。
ニューヨークではすでに公園や地下鉄内でもパブリックWi-Fiが導入されています。また、今年初めにはチェルシー地区にあるグーグル社の本社周辺が無料Wi-Fiゾーンとなり話題となっていました。

参考:Harlem Will Be Wired For Free Wifi By May
http://www.nydailynews.com/blogs/dailypolitics/2013/12/harlem-will-be-wired-for-free-wifi-by-may

お役立ち情報[PR]