お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ごみの分別ができない女子の特徴「仕事帰り、ゴミをコンビニのゴミ箱に平気で捨てている」

自治体によって分別方法は異なりますが、ごみ箱がひとつしかないと何でも一緒になってしまいます。そのまま捨ててしまうことはマナー違反。捨てる前にしっかりチェックしたいですね。今回はごみの分別ができない女子の特徴について、女性読者265名にうかがいました。

【酢で簡単!生ごみ臭を発生させない方法】

■女性編

・「地域のことを理解する機会が少ない」(24歳/電機/技術職)
・「整理整頓など片づけ全般が苦手」(24歳/小売店/販売職・サービス系)
・「自分で家事をしていない」(27歳/金融・証券/専門職)
・「地球に良くないというか、小学生にいろいろ言われると思う」(31歳/学校・教育関連/専門職)
・「非情な人。私は忙しい。って言って全部同じゴミ箱に捨てる人。そんなに忙しそうに見えないんですけどね……」(29歳/ソフトウェア/技術職)

とくに一人暮らしの場合、その地域のルールがわからないこともありますよね。引っ越したときには役所や管理会社に、分別方法について確認しておくといいでしょう。

ズボラな人は分別が苦手なようですが、その姿を男子にも見せられますか? 男性読者155名の意見を見ていきましょう。

■男性編

・「一人暮らしをしたことがない」(47歳/ソフトウェア/技術職)
・「ずぼら。ごみ収集の人の迷惑を考えられない人。モラルがない」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「仕事の帰り、ゴミをコンビニのゴミ箱に平気で捨てている」(53歳/電機/技術職)
・「部屋が汚い、失せものが多い」(41歳/医療・福祉/専門職)
・「常識知らず。世間知らず。面倒くさがり」(27歳/ソフトウェア/技術職)

ごみを分別できない人は、思いやりの心もかけているようですね。自分さえよければそれでいいという姿勢を、男子はしっかり見抜いているようです。たかがごみ、されどごみ。家だけでなく、オフィスや旅先でも分別を心がけましょう。

調査期間:2013/9/25~2013/9/30
有効回答数:男性155名、女性265名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]