お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

算数も教える話せるおもちゃ「ウブーリー」登場!

もしもおもちゃが、子供たちの遊び相手だけでなく勉強相手にもなったなら?見た目はごく普通のフワフワぬいぐるみ「Ubooly(ウブーリー)」、でもスマートフォンやiPadを中に入れてファスナーを閉めると、子供たちと会話したり物語を話したり、はたまた算数を教えたりと、多芸な友に大変身!

【算数苦手?それならボードゲームをしよう!―ボストン大学研究】

このおもちゃ、アメリカの教師と企業家のグループが開発し、お値段は意外とお手頃、アメリカ国内では30ドル前後で販売しています。需要の伸びも大きく、すでに国外での販売も検討中だとか。

ウブーリーは様々なiOSやアンドロイドで利用可能で、最新の音声認識技術によって、5か国語以上の会話ができるほか、子供の名前もすぐを認識します。4~7歳の子供に最適とのこと。

ウブーリーの特徴の一つには、子供たちの注意をひきつける力が高いこと。なにかと飽きやすい子供たちに対して、平均35日間興味を維持する事ができており、その数字は現在も伸び続けているとか。ウブーリーを購入したある母親は、皿洗いの間にウブーリーが子供の相手をしてくれると言い、「おかげで娘が意味のないテレビ番組を観る代わりに、足し算や文字の綴りを学んだりできる」と好意的なコメントをしています。

ウブーリー社のCEO(最高経営責任者)グロギ氏は、おもちゃ業界の焦点は教育よりも「ブランド・キャラクターとマーケティング」に偏りがち、と述べ、大手玩具メーカーの失速を指摘。今後は教育従事者やセラピストを呼び込む計画に意欲を示しています。

様々なおもちゃに囲まれる子供たち。周りのすべての物事から学び、情報の吸収力の高い成長段階にある時に、ゲーム機やアニメだけでなく、教育機能のあるおもちゃに接してくれれば、と願う親の待望のおもちゃかもしれませんね。

参考:Meet Ubooly, the smart toy that can teach your child?math
http://venturebeat.com/2013/10/19/meet-ubooly-the-smart-toy-that-can-teach-your-child-math/?outbrain=

お役立ち情報[PR]