お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

「風邪は誰かにうつすと治る」と感じたことある? 「ホントだと思う」30.3%

毎日のように寒い日が続くと、風邪をひいてしまうなど、どうしても体調を崩しがちに。これから年末に向けて忙しい日が続きますから、さらに注意が必要です。ところで、よく「風邪はうつすと治る気がする」なんて言われますが、これってホントなのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

Q.「風邪は誰かにうつすと治る」という説を実感したことはありますか?
ある・・・30.3%
ない・・・69.7%

「風邪はうつしても治らない」と考える人が多数派のよう。その理由は、「ただの迷信だと思う」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)というものが多いようです。一方で、約3割の方が、風邪をうつすと治ると感じている様子。では実際、どんなときにそう感じたのでしょうか?

■体験しました! 目撃しました!

・「彼氏にうつすと私は治る」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)
・「ちょうど、私の風邪が治る時期と、他の人が風邪をひく時期がかぶる」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「夫の風邪が治ったとたん、私が風邪をひいたことが何度かある」(30歳/生保・損保/事務系専門職)
・「会社の人が風邪を引いていて、隣の人にうつったら、元気になっていたのを見て。偶然だろうけど、ちょっと恐くなった」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

実際に経験した人や目撃した人がチラホラ。偶然かもしれませんが、もしもわが身にそんなことが起こったら、つい信じてしまうかも!

また、「『もうすぐ卒業式なのにヤバイ!』と思っていたら父親にうつり、私は治った。父親は中学の先生をしていて、やはり卒業式だから休むわけにはいかず、点滴を打って出勤していった。お父さんありがとう、ごめんね」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)という投稿も。心温まる(?)エピソードです。

実際のところ、「風邪は誰かにうつすと治る」の真偽はわかりませんが、忙しい時期に風邪をひくわけにはいきませんよね。そこでさらに、読者が実践している、風邪の予防法についても調査しました。

・「毎日10分マラソンしている」(25歳/建設・土木/営業職)

10分という時間は短いようで、実際に走ってみると結構長いもの。やっぱり運動は体を強くするんですね!

・「お茶でうがいをする」(33歳/その他/販売職・サービス系)

これは、静岡県などお茶の産地ではおなじみの方法。お茶がもったいないと感じる人もいるようですが、出がらしでも充分効果が期待できるとされています。

このほか、「寝るときに喉が乾燥しないようにマスクをつけています」(30歳/情報・IT/事務系専門職)、「毎日、湯船につかって体を温める」(29歳/医療・福祉/専門職)、「生姜湯を飲む」(26歳/通信/販売職・サービス系)といった予防法が寄せられました。

それにしても、毎日寒い! 寄せられたら予防法を参考に、しっかりと風邪対策をして、冬を乗り切りましょう!

※「マイナビウーマン」にて2013年11月に、webアンケート。有効回答数231件。

(OFFICE-SANGA 岸 明花里)

お役立ち情報[PR]