お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう、忘れよう! 5年間のお付き合いを終わらせて

輝樹と会った後の週末は、
疲れがたまっているからなのか、
土曜も日曜も気が抜けてしまい
家でぼんやりと過ごした。
でもわたしも情けないな。
輝樹が女子大生に振られたのを
「いい気味だ」と思っている。
やっぱり輝樹とは会わない方がよかったのかも。
……でも会ったからこそ彼を吹っ切り、
5年間のお付き合いを終わらせて、
前を向いて歩いて行ける気もしている。

「もう、忘れよう」
日曜日、空が夕焼けで染まる頃、
やっと気持ちを整えて、
輝樹のことを思い出にする決心がついた。

そして月曜日。
先について事務所の鍵を開けていると、
いつものようにまどかさんが、
元気に出勤してきた。
「おはよう、美紅ちゃん!
言い忘れていたんだけど、
ウチでホームパーティやるんだ。
来週の土曜日なんだけど、
ちゃんと時給出すから手伝ってくれない?」

お役立ち情報[PR]