お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

北極は本当にカナダ領になるの?「決定権は国連」

今週月曜日、カナダが北極点を自国の領土とすべく、国連に申請する方針を明らかにしました。カナダは10年にわたり、国土の東側と北側に続く大陸棚の調査をすすめていました。海中資源や領海などの権益をめぐって、ロシアやデンマークも同様の申請をすると見られています。

【-30℃の北極を走る、世界で一番厳寒なマラソン「北極マラソン」】

この申請は、大西洋におけるカナダの大陸棚の範囲についてのもので、この件は2006年から3度の選挙で、首相のスティーブン・ハーパーが所属する保守党の綱領項目になっています。温暖化に伴う海面上昇により、北極圏の航路がひらけ、海中資源にも到達可能になり、この地域の領有権については各国が火花を散らしています。

決定権は国連にあり、カナダは大陸棚が北極圏に達していることを証明する必要があります。ただ、航空機、砕氷船、潜水艇などを使い、海底を調査するのは技術的にも簡単なものではなく、まだ時間がかかるようです。また、環境保護団体のグリーンピースも、この調査により将来の世代にさらなる環境負荷をかけることになると懸念しています。

デンマークやロシアに加え、大西洋の北西に小さな島を領有するフランスも論争に加わるかもしれないとのこと。国連は2014年夏にカナダの申請を検討する予定だそうです。

竹島や北方領土など大変だと思っていたら、領有権争いをしているのは日本だけではないんですね。でも北極や南極は領土問題なんて関係なく、みんなのものであってほしい気もします。

参考:Canada to claim North Pole: minister
http://uk.news.yahoo.com/canada-claim-north-pole-minister-214455571.html

お役立ち情報[PR]