お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

スマホの使いすぎに要注意 成績低下と心配性になる恐れ―研究結果

どこへでも気軽に持って行けて、今や私たちの生活に欠かせない存在となっているスマホ。

【スマホ断ち6割以上は「ムリ」―使えないストレスは「歯医者」や「結婚式当日」と同等 英調査】

でもそのスマホが原因で、成績が下がり、心のバランスを崩してしまう大学生がアメリカでは続出しているそうですよ。

アメリカのオハイオ州にあるケント州立大学で、スマホと大学生の成績、そして心の状態について調査が行われました。

対象となったのはアメリカの500の大学に通う学生たちです。

調査の結果明らかになったことは、頻繁にスマホを使う学生ほど、成績が悪いということです。

また心配性など、将来に関してネガティブな展望を持ち、今のライフスタイルに満足しておらず、「幸せだ」と感じることがほとんどないということがわかりました。

スマホは確かに便利なものですが、SNSなどにも気軽にアクセスできてしまうため、気になる相手のライフスタイルやプライベートまで簡単に覗けてしまうのが現状です。

大学生であれば、まだ完全に自立した大人とは言えないので、やきもちなどのネガティブな感情に上手に対処することができないのです。

反対に「今の人生に満足している。幸せ。」と答えた学生は、スマホを使う頻度が低いことが明らかになりました。

言い換えてみれば、自分の人生は自分のものであるという考え方にしっかりと立っていて、他の人がどのような生活をしていようと、自分は自分であるとはっきりと言い切ることができるということです。

このような心の強い学生は、ポジティブなので成績も良く、充実した人生を送っているそうです。

あなたはスマホを1日のうち、どれくらい触っていますか?

いつも誰かとつながっていないと自分を保てないほどに、依存してしまうと、ネガティブになり、人生の本当の価値や素晴らしさを見失ってしまうかもしれません。

スマホはほどほどに、目と目を見て行うコミュニケーションをもっともっと大切にしたいものですね。

参考:Cell phone use may lead to anxiety and lower grades
http://www.indianexpress.com/news/cell-phone-use-may-lead-to-anxiety-and-lower-grades/1204977/

お役立ち情報[PR]