お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

定期的な運動がクリエイティブな頭をつくる!ただし一夜漬けは効果なし―蘭大学研究

運動が身体面だけでなく、記憶力や認知能力など頭のフィットネスにも有効であることはこれまでも多くの研究で明らかになっていますが、創造力や柔軟的思考などクリエイティブ面でもプラス効果をもたらしてくれることが新しい研究で報告されています。

【運動不足に注意!1日に必要な運動量「最低限、適度な運動を30分」】

「ヘンリー・ジェームズやトーマス・マンも執筆に取りかかる前にはいつも散歩をしていたといいます」と語るのは研究を引率したオランダ、ライデン大学の認知心理学者であるロレンツォ・ コルツァト教授。

教授とチームは、定期的に運動している人と運動していない人からなる2グループに、創造性を試す2種類のテストを行いました。1つは、書く以外のペンの使い道をできるだけ多く挙げてもらう“発散的思考”テスト、2つ目は3つの言葉に共通する要素を考えてもらうという“集中的思考”テストです。

すると、週4回以上運動をしている人の成績は、運動しない人よりどちらのテストでも成績が抜群に良かったそうです。

運動は柔軟性ある思考能力を促進すると述べるコルツァト教授ですが、この効果を得るには定期的に体を動かしていて初めて得られるものだそうです。さもないと、エネルギーの大部分が体を動かすことに使われ、創造力へまわらなくなるのです。

何事も一夜にしてならず。普段からの心掛けが大切のようですね。

参考:Exercise Boosts Creativity: Why People Looking For That Creative Spark Should Consider A Good Workout
http://www.medicaldaily.com/exercise-boosts-creativity-why-people-looking-creative-spark-should-consider-good-workout-264406

お役立ち情報[PR]