お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

キャリア後悔の理由TOP3「お金のために、転職するんじゃなかった」

「アナタの仕事がどう変われば、ずっとこれからも幸せでいられると思いますか?」お給料がアップすれば、その幸せは次の10年間つづくのでしょうか? 不満だらけの会社をやめて転職すれば、アナタのモヤモヤが解消されるのでしょうか?

【女性のキャリアアップをサポートするために、会社がすべき5つのこと】

キャリア構築で後悔する理由は、業界や職種に関係なく共通点があるといいます。

『Harvard Business Review』誌のブログの中でDaniel Gulati氏が公表した28歳から58歳を対象に行ったインタビュー結果によると、業界や職種、ポジションに関係なく、5つの共通点があったそうです。

そのなかで大抵の人にあてはまる3つの理由を紹介しましょう。

■「お金のために、転職するんじゃなかった」

「30パーセント、基本給がアップしなければ、動かない方がいい」と言われた時代もありましたが、やはりお金は「真のやる気アップ」にはつながらないようです。お金でいられるモチベーションが長く続かないのは米研究で確認されています。

■「もっと早く辞めていればよかった」

他に自分のやりたいことがあるのに、財政的な安定の理由や将来の見通しから、安全路線にとどまる人は多いでしょう。辞めるべき、とわかっていても辞めない人は80パーセントもいるそうです。

■「自分のビジネスを始める自信があったら...」

起業にリスクはつきものですが、自分のやりたいことを少なくとも「トライした」ことに。起業しなかったことに後悔している事実を見ると、仕事で自己実現を求める男性にとって大きな夢なのでしょう。

人生80年としたら、40歳は人生の折り返し地点。後半にそなえて、20代、30代のうちからキャリアの軌道を調整しはじめてはいかがでしょうか?

参考 :The Top Five Career Regrets.
http://blogs.hbr.org/2012/12/the-top-five-career-regrets/

お役立ち情報[PR]