お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

シドニー郊外、ブルーマウンテンの大きな山火事から40日ぶり―ペットの猫が家に戻ってきた

南半球に位置するオーストラリアは、日本と季節が逆。地球温暖化のあおりを受けて、夏は山火事への緊張が高まります。12月から夏に入るのですが、今年は少し早く、10月中旬から後半にかけてNSW州ブルーマウンテンで、極度の乾燥と急激な気温の上昇がつづき、大きな山火事が発生しました。

【ペットの太り過ぎを防ぐ方法】

辺り一帯の郊外の住民は、避難勧告が出され、着の身着のままの状態でわずかな貴重品と逃げなければなりません。もちろん、緊急時ですから可愛いペットを置いてくるケースがほとんどでした。

ところが、この山火事でもうきっと死んでしまったと思っていたペットの猫のリリィちゃんが40日ぶりに飼い主べブさんの元に戻ってきました。

焼けて全壊した家の横に仮住まいを建てて住んでいるべブさんが、「ミャオウ」と聴き慣れた声を耳にした時は、ほんとうに驚いたそう。そこには、火傷は負っていませんでしたが、痩せ細ったリリィちゃんが立っていたのです。

「もしあの山火事で猫が助かったという話を聞いても、ぜったいの家の子ではないと思っていたわ。だってあの火事では逃げられるわけないもの」とべブさんは語ります。

精神保健看護師であるべブさんは、猫4匹、犬2匹といっしょに住んでいましたが、残念ながら、この火事ではリリィちゃん以外は一匹も助かりませんでした。

このリリィちゃん、夜中に寝ているときに悪夢をみているかのように嘆き悲しむそうです。いつもは抱っこが嫌いな猫だったのに、今ではべブさんに甘えてばかりいるそうです。

べブさんの家を建て直すのには、18ヶ月かかるそうですが、新しく家が建つ頃に、リリィちゃんの心の傷が癒されているといいですね。

参考:Cat found alive 40 days after Blue Mtns fires
http://news.ninemsn.com.au/national/2013/11/28/07/39/cat-survives-40-days-after-blue-mtns-bushfires

NSW bushfires: minister urges residents to leave Blue Mountains
http://www.smh.com.au/environment/weather/nsw-bushfires-minister-urges-residents-to-leave-blue-mountains-20131023-2vzz3.html

お役立ち情報[PR]