お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

どうやったら頭痛持ちを治せるの?頭痛を起こさない5つの方法とは?「蛍光灯の光が原因」

事務所での、午後のコメカミの痛みと眼の疲れは、部屋の蛍光灯が大きく頭痛に影響していると、頭痛の専門家Dixon医師は語ります。この頭痛を起こさないためには、机を自然光が当たるところに近づけることだそうです。

【OLの92.6%が日常的な“頭痛の種”に悩む 三大“頭痛の種”は?】

1.蛍光灯
蛍光灯のちらちらした光は、眼精疲労と頭痛を引きこします。残念ながら、自分の机が自然の採光から遠い位置にある人は、せめて机上にランプを置くと効果的だそうです。

2.アルコール
つい飲みすぎて、翌日の午前中はずっと頭痛が!なんて嫌ですよね。二日酔の頭痛は、アルコール摂取の副作用と脱水症が原因です。急に飲みすぎたり、大量に飲む際は、必ず水分をいっしょに取ることが必須です。また飲むのなら、薄い色の飲み物を選ぶと良く、赤ワインや黒ビールには、チラミンと呼ばれる頭痛の種となる成分が含まれています。

3.睡眠不足
日頃から睡眠を充分にとらない人は、頭痛持ちになりやすいそうです。睡眠は、血糖値を安定させる作用があり、とても大切です。充分に寝ない人は、エネルギーを活発にするために、よく食べる傾向にあり、血糖値の揺れを起こし頭痛を呼び寄せてしまいます。

たとえ、一日一杯でも、コーヒーのカフェインには、痛みを取る作用を増加させる力があります。

4.お腹の脂肪
最新のアメリカのリサーチによると、お腹の脂肪がポッコリついた人は偏頭痛を引き起こしやすく、肥満は慢性頭痛にも関連しています。体重を減らすことが肝心と言えましょう。

5.加工肉
そして最後は、不健康な食べ物ばかりを食べている人は、「ホットドック頭痛」と呼ばれています。たとえば、加工肉のハム・フランクフルトなどに含まれる亜硝酸塩添加物には、頭痛を起こす作用があります。

頭痛持ちで悩んでいる人は、これら5つを頭に入れて注意してみることをお勧めです。

参考:6 ways to stop a headache
http://www.bodyandsoul.com.au/health/health+advice/galleries/6+ways+to+stop+a+headache,27647

お役立ち情報[PR]