お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

ヴィクトリア・ベッカムが結婚式で着けたティアラがオークションに

画像はイメージ

ファッションデザイナーのヴィクトリア・ベッカムが、1999年のデイヴィッド・ベッカムとの結婚式で着用したティアラが、オークションに出品されます。18金にダイヤモンドをあしらったこのティアラ。30,000ユーロ(約420万円)の値をつけるかもしれません。

【かわいすぎるティアラ「TARO KAMITANI」が大阪で取り扱い開始!】

ジュエリーデザイナーのスリム・バレット氏は、この「イースト・オブ・パリ」と名づけられたゴールドとダイヤモンドの小冠をデザインするにあたり、東洋のデザインとパリのオートクチュールにインスピレーションを得たと語っています。

歌手でファッションデザイナーでもあるヴィクトリアは、1999年にアイルランドのダブリン郊外にあるお城で行われた豪華な結婚式でこのティアラを着用。このたびこれを保管していたバレット氏がオークションに出品することになりました。

バレット氏は、シャネル、ベルサーチ、ジョン・ガリアーノともコラボし、ミック・ジャガーやダイアナ妃のためにもデザインを手がけてきました。

このおとぎ話に出てくるような一品は、イギリスのロンドンにあるヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で、他の100点のティアラと一緒に展示されたこともあります。

美男美女のベッカム夫妻ですが、その仲の良さでも有名です。デザイナーものだというプレミアだけではなく、いいジンクスも期待できそうですね。

参考:Victoria Beckham’s rather tiny wedding tiara to fetch ?30,000 at auction
http://www.independent.ie/woman/victoria-beckhams-rather-tiny-wedding-tiara-to-fetch-30000-at-auction-29812246.html

お役立ち情報[PR]