お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

なんでも運べる自転車「カーゴバイク」が今、アメリカで熱い!

画像はイメージ

最近、アメリカのファミリー層で進化型の自転車「カーゴバイク」が流行っています。子供の2人以上の子供とたくさんの荷物を載せて走れる自転車は、ミニバンよりエコで気軽、と評判。しかし1歳以下の子供は載せないなど、注意点もあります。

【自転車購入の年間支出額は平均2,475円。1人あたりの自転車店件数1位は山形県】

もともとはデンマークやオランダでポピュラーだったカーゴバイクは、西はワシントン州から東はマサチューセッツまで、アメリカ人の心も掴んだようです。「自転車版SUV」とも呼ばれるこちら、一体皆さん、どんな場面で乗っているのでしょう?

2児のママである女性は、子供の送り迎えから買い物、放課後に公園や習い事に連れていくのにもカーゴバイクを愛用しています。

企業でも、カーゴバイクを利用する動きが広まっています。例えばビールのデリバリーや、クリーニング業者、リサイクル業者の集荷でも活躍しているのだとか。魚を運ぶのに使う漁師さんもいます。

ある男性は2人の子供を乗せて3219キロの自転車旅をしました。子供たちは、ハンドルの前に付けられたシートに座り、後部にには大きな荷物。「漕(こ)ぎながら、子供と話ができるのが良かったですね」と語ります。

ただし、怖いのは事故。1歳未満の子供は乗せない、必ずヘルメットをかぶるなど、安全には十分注意して楽しみたいものです。

カーゴバイクと一口に言っても、形は実にさまざま。中には電動アシスト付きのものや、けん引式の荷台をつないでいるものまであり、お値段は1000ドル(10万円)くらいから。

カーゴバイクの良さは、「運動になる」「環境に優しい」「駐車場所に困らない」と言った点があげられますが、最も多い意見は「楽しいから」!カーゴ人口は口コミでも増え続けているようで、ますますポピュラーな乗り物になっていきそうです。

参考:Cargo bikes the new minivan for cycling families
http://www.adelaidenow.com.au/lifestyle/relationships/cargo-bikes-the-new-minivan-for-cycling-families/story-fni0dpw7-1226777567388

お役立ち情報[PR]