お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

すぐに男女平等を訴える女子の特徴「あまり考えてない」

憲法でも男女同権がうたわれていますが、完全に同じとは言い切れないですよね。平等な世の中が理想とはいえ、それを強く訴えすぎると同性からも嫌がられてしまうことも。そんな女子の特徴について、女性読者265名にうかがいました。

【男女平等はおもちゃ業界も同じ「レースカーに乗る女子」「人形で遊ぶ男子」】

■女性編

・「あまり考えてない」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「女子としても自信がない」(28歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「そういう人に限って、女子の権利を振り回し過ぎる」(30歳/学校・教育関連/技術職)
・「さばさばして真面目な人に、わりと多いと思う」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「そういう人に限って、自分の仕事を完璧にこなせない」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

とくに深く考えず、ただ男女同権を叫んでいるだけの女子は少なくないようですね。同じように感じていても、同調するのはためらってしまう模様。男子の視点ではどう感じるのでしょうか。男性読者155名に聞きました。

■男性編

・「男性を敵視する」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「男尊女卑にはうるさいが、女尊男卑だと文句を言わない人」(34歳/通信)
・「生理休暇や女性特有の優遇されている面は当たり前だと思っている」(46歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「基本的にネガティブ。権利指向が非常に強い」(33歳/金属・鉄鋼・化学)
・「それなりに稼いでいて気が強い女性。もしくは、男に嫌なことを押し付けたいだけのわがままな女性」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

基本的には男女平等に賛成だけど、女性優位に話を進めることには疑問を抱いているようです。「レディーファーストはおかしい」という意見もチラホラ。性別に関係なく、みんなが相手を思いやれる気持ちを持てれば、理想の世の中になりそうですね。

調査期間:2013/9/25~2013/9/30
有効回答数:男性155名、女性265名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]