お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

強烈だった恋人の束縛エピソード―「異性のメモリーを削除」「どこにいるか逐一報告」

彼氏や彼女の束縛。「愛の証し」ではありますが、やっぱりひどいものは困るものでして……。今回は、読者に「これは強烈だった」という恋人の束縛エピソードを聞いてみました。

【今の恋人が理想の恋人「NO 27.2%」】

■一歩間違えれば犯罪モノ!? 強烈な束縛の数々

まず、こんな質問をしてみました。

Q.これまでにお付き合いをした人の中で、「束縛が強烈だった」人はいましたか?

はい……74人(10.9%)
いいえ……603人(89.1%)

過去に「束縛が強烈だった人」と付き合った経験のある人は74人と、そこまで多くないようです。まぁ多くない方がいいですよね。次に、この74人に「これはひどかった」という束縛エピソードを聞いてみました。

●部活や学科の人間に、行動を見張って逐一報告するよう頼んでいた。(22歳/女性)

全方位から見張られているのはキツイですね。

●仕事中も休憩のたびに電話。帰りも家に着くまで電話。(27歳/女性)

電話で常に行動を監視しているのでしょうか。

●いつどこで誰と何をしに行っていたか報告が必要だった。(34歳/男性)

相当面倒くさい女性だったのでしょう。

●メール件数が一日に100件を超えて、常に把握していないと気が済まないときがあったので、ひどかった。(30歳/男性)

100件はすさまじいですね……。

●携帯のメモリーの中の異性のデータは全部消された。(26歳/女性)

束縛する人の典型のような行動ですよね。この回答は男性からも女性からも寄せられました。

●勝手に近所に引っ越してきて、家に帰るのも怒られた。(31歳/女性)

帰宅で怒られるって相当ですよね。

●飲み会で他の男性の隣に座るの禁止。男性と話していて楽しそうに笑っていると「俺といるより楽しそうだね」と嫉妬、など。(23歳/女性)

飲み会のたびに言われるとうっとうしくて仕方ないでしょう。

●こちらの携帯の設定は全部向こうの指示どおりにしないといけない。今いる場所をGPSで分かるようにしないといけない。他の人とのメールのやり取りは全部見せて報告。(33歳/女性)

GPSで監視とか、やり過ぎです。

●前の彼氏との交際期間に得た知識に嫉妬する。(25歳/女性)

「前の彼氏と行ったお店かどうか」を詮索する人もいますよね。

●仕事以外の時間はずっと彼氏に同行させられた。(29歳/女性)

仕事以外ずっと一緒ってことですよね? 確実に嫌になります。

●携帯はもちろん、TwitterなどSNSも全部監視。異性と交流があると脅された。(28歳/女性)

SNSを監視する人は多いようでした。

ちなみに、「束縛が強烈だった」と回答した74人に、その恋人とどうなったか聞いてみたところ、ほぼ全員が「別れた」と回答しました。が、一人の女性が「結婚した」とのこと。無理やりでないのならいいのですが……。

これを読んでいる皆さんは、こうした束縛がひどかった恋人はいましたか?

調査期間:2013/11/23~2013/11/29
有効回答数 677件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]