お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

子供にも大人にもハグは欠かせない―研究結果

「抱きしめる(ハグする)」ことは何も特定の国や人種、習慣に限ったことではなく、人間の本能に基づいたものです。

【もっともっとパートナーと抱き合おう!「ハグ」が持つ魔法のパワー研究結果】

言葉で伝えきれない気持ちを伝えたり、小さな子供が母親から抱きしめられるのが大好きであったり、母親もまたたくさん子供を抱きしめてあげたり…これはどれも本能によるものです。また大人に関しても、感動したときや愛しいときに抱き合います。

ハグは親密感や愛しい気持ちを表現するための本能からくる衝動なのです。

ハグが持つさらなる魅力をご紹介します。

■健康のためや赤ちゃんの発育にとって重要

ハーバード大学の研究により、ハグは食べることや飲むことと同じくらい重要であることが分かりました。未熟児で生まれた赤ちゃんのカンガルーケアもまた、発育を促す助けをすることが明らかになっています。

■ストレスに対処する能力を高める

NYタイムスですでに報告されていることですが、赤ちゃんや子供のストレスに対処する能力を高めます。論理的にも発育が順調なら、食事の態度や普段の行いも良くなると言います。

■精神面の発育に大きな影響を与える

アラバマ大学の研究によると、学校で先生からハグされた子供は協力的でした。感情の発達や精神的、身体的能力とも関連があります。
また、親からの体へのタッチが少ない場合、コミュニケーション問題、うつ病や摂食障害になりやすい、攻撃的、自傷行為などを引き起こす可能性があります。

■幸せホルモンが増加する

テキサス大学の研究によると、ハグの習慣があると、幸せホルモンと言われるオキシトシンが増加します。すると、親近感やより強い心のつながりが生まれ、同時にストレスが軽減されることが証明されています。

■仕事の業績が上がる

バークレー大学の研究によると、強いバスケットボールチームではチームメイト同士のボディタッチがより多かったと言います。
チームワークで行う仕事の業績は、ハグによって上がることが分かりました。

実際問題、日本人にとって日常生活でハグする場面というのは少ないかと思います。慣れていなくて気恥ずかしいかもしれませんが、まずは家庭から「ハグ活動」を始めてみませんか?

参考: Lebih Jauh Mengenal Rahasia Pelukan
http://id.she.yahoo.com/lebih-jauh-mengenal-rahasia-pelukan-102338615.html

お役立ち情報[PR]