お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

就活で有利になると思う、学生時代の活動・エピソード1位「体育会系の部活に所属」

社会人になってから、「学生のころにもっと努力しておけば……」と思ったことはありませんか? 反対に、「学生のころに、これをやっておいてよかったな」と、感じた人もいるでしょう。今回は、就活で有利になると思う、学生時代の活動・エピソードについて、読者753名に聞いてみました。

【頼れる転職エージェントの選び方】

Q.就活で有利になると思う、学生時代の活動・エピソードを教えてください(複数回答)
1位 体育会系の部活に所属 37.2%
2位 資格取得 24.2%
3位 首席卒業 21.8%
4位 海外留学 21.5%
5位 部活の部長・副部長経験 18.1%

■体育会系の部活に所属

・「何だかんだ言っても、上下関係を学べるから大事」(31歳男性/金融・証券/専門職)
・「ガッツがありそうなイメージがあるから」(26歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「筋肉バカでも、挨拶だけはしっかりできるので」(40歳男性/自動車関連/技術職)

■資格取得

・「即戦力にはならなくても、ある程度の知識があることはわかるから」(41歳女性/ソフトウェア/技術職)
・「資格があるから能力があるとは限らないが、法的に有資格者に作業させられるというのが大きい」(28歳男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「将来のことを考えているというのが伝わるから」(26歳女性/ソフトウェア/技術職)

■首席卒業

・「成績は重要な基準となるから」(30歳男性/自動車関連/技術職)
・「大学で努力した証しだから」(29歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「首席はおそらく一人だろうから、価値が違います。少なくとも勉強してきた証拠ですし」(41歳男性/ソフトウェア/営業職)

■海外留学

・「留学したというだけで、印象が良くなる」(34歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「単なる留学だけでなく、英語がペラペラだと強いと思う。これからの時代は特に、語学が求められているし」(29歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「人と違う経験をすれば有利になると思う」(30歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

■部活の部長

・副部長経験
・「履歴書に書いておいて、一番食いつきがよかったような気がする」(26歳女性/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「社会性のある人っていう印象を与えれば、好感を持ってもらえると思うから」(30歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「リーダーシップの経験なので」(35歳女性/小売店/事務系専門職)

■番外編:努力や経験を推し量ることができるエピソードは強い!?

・皆勤賞「私が採用側なら重視したい」(32歳女性/医療・福祉/専門職)
・インターンシップ経験「業界が同じなら話のネタになる」(24歳女性/医薬品・化粧品/専門職)
・アルバイト経験「今の職場はそれで採用されたから」(25歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/経営・コンサルタント系)

●総評

1位は「体育会系の部活に所属」という結果になりました。上下関係の厳しい体育会系の部活は多いため、その中で礼儀や人との付き合い方を学んでいるというイメージがあるようです。一生懸命スポーツに取り組んだというエピソードは、体力に自信があるというアピールにもなりそう。

続く2位は「資格取得」。資格を持っていれば、ある程度の知識や能力があることをアピールしやすくなりますね。学生時代から将来を見据えているということは、採用側にとっても魅力的なようです。

5位には「海外留学」がランクイン。外国語ができるということは、就職活動では大きなアドバンテージとなりそうです。ほかの人とは違う特別な経験が、社会に出てから役に立つと考える人も多数。

ランキング外では、「アルバイト経験」という回答も。部活には所属せず、学生時代はアルバイトに明け暮れたという人も多いことでしょう。就職活動において、学生時代をどう過ごしたかは、非常に重要な要素となります。

どんなエピソードも、そこから何かを得たのであれば、自己アピールの種になると言えそうですね。
(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)

調査時期:2013年10月26日~2013年11月5日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性297名、女性456名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]