お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

子供を授かることができない女性の本音―40%近い女性は不妊治療について話せない

男女ともに晩婚化が進むに連れて、高齢出産はいまや珍しいことではなくなってきました。と同時に、欲しいと思った時にはなかなか子供を授かることができず、不妊治療を受ける女性の数も増加しています。そういった現代社会の変化とは裏腹に、高齢出産や不妊治療に対してはまだまだオープンな環境が整っているとは言い難いよう。

【なにかがおかしい……妊娠を望むカップルが、不妊を疑うべきタイミングとは?】

調査によると、妊娠を希望しながら子供に恵まれない35~45歳の女性半数以上が「妊娠するには遅すぎるのでは?」という周囲からの精神的重圧を感じているそう。このプレッシャーは大半が家族や友人から受けるもので、40%近い女性は不妊治療について家族や友人と話すことさえ躊躇しているようです。

しかし、実際に不妊治療を始めた女性によると、40%以上の治療待ち期間が4ヶ月を超え、30%近くが1年以上治療を待ち続けていたこともわかりました。この10年ほどで飛躍的な進歩を遂げ、開始時期が早ければ早いほど効果が上がるとも言われている不妊治療。

治療をすぐに受けられない場合も考慮すると、周囲からのプレッシャーに影響されることなく、不妊治療についてよりオープンに周囲の人々に相談したり、取り組むことのできる社会的な環境作りが望まれます。

参考: Childless women feel judged, survey shows
http://www.nursingtimes.net/nursing-practice/clinical-zones/midwifery-and-neonatal-nursing-/childless-women-feel-judged-survey-shows/5064658.article

お役立ち情報[PR]