お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

現代のママはカロリー過多!昔と比べ1500キロカロリー/週オーバー

45年前のママと現在のママの違いは?と問われれば、1つには洗濯や掃除などの家事にかかる時間は昔と比べ短くすむようになった一方で、テレビやコンピューターの前に座りっぱなしの時間がうーんと長くなっていることが挙げられるでしょう。

【クリスマスショッピング、疲れるけどその価値あり―消費カロリーは1,500キロカロリー以上!】

かいつまんで言えば、これは“運動不足”ということです。

米サウスカロライナ大学では年齢層の違う子どもを持つママたちの身体的活動量を45年前と比較しました。

調査結果の1例を挙げるなら、5歳以下の子どもを持つママたちは、1965年当時の同じ年齢層の子どもを持つママと比べると活動時間が週14時間も短くなっているとか。これは活動時間が1日2時間少ないため、1日の必要カロリーも225キロカロリー少なくすむことを意味します。

これを週換算すると、1573キロカロリーとなります。

つまり、現在のママたちは体重をキープするためには週1500キロカロリー以上を抑えないと、カロリー過多のため太る運命にあるということ。

普段動かないということが長期的に健康にどのような影響を与えるかは想像に難くないでしょう。5万人の女性を対象としたこの調査を実施した同大学の報告では、この問題は女性だけのものでなく、ママを“見本”とすると子どもにも糖尿病や肥満のリクスが長期的に襲うと心配されています。

参考:Mothers today need 200 fewer calories than their 1965 counterparts because they do ‘less housework and watch more TV’
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2517370/Mothers-today-need-200-fewer-calories-1965-counterparts-housework-watch-TV.html#ixzz2mbQ4TRK93%20Deember%202013

お役立ち情報[PR]