お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

頭を使った体重の落とし方「なぜ空腹なのかをよく考える」

どんなダイエットにトライしても失敗してしまう、もしくは長続きしないというあなたに朗報です。これまで売り出した本がベストセラーとなり有名になったアメリカのドクターが、新しい本を出版しました。その中で、ダイエットをせずに体重を減らし、キープできる方法を紹介しているようです。

【いびきを防ぐ6つの方法「体重を減らす」「横向きの姿勢で眠る」】

過激なダイエットではなくても、やせたり、健康的な身体になるために食べない方がいいと紹介されているものはたくさんありますね。加工食品やお酒、肉類など全てを断つことは大変なことです。

今回ドクターチョプラが新しい本の中で推奨しているのは、食べる事への考え方を変えてみること。それだけなのです。

まず空腹時には、なぜ空腹なのかをよく考えてください。イライラしていたり、ひまだからという理由だけでスナックに手が伸びていませんか。食べる事から気を紛らわすように、好きな本を読んでみたりしてみましょう。それでも何かを口に入れたい場合は、少量のアーモンドや数枚のクラッカーを食べましょう。

食事の際には、これまで食べていた量の半分の量をお皿に盛るようにしてください。それを全て食べたら、お水やお茶を飲んでしばらく休憩してみましょう。その後まだ食べたいようであれば、残りを食べるようにしましょう。

甘いものがどうしても食べたくなる時には、食べるのが一番!でもお菓子はだめですよ。おいしいフルーツにハチミツを少しかけて食べましょう。甘い物への欲求は満たされるはずです。

以上、たったこれだけの食べる事への考え方を変えるだけで、これまで口にしていた物の多さや種類に気づいて自分でも驚いてしまうことでしょう。

参考:why you should ditch your diet
http://www.womenshealthmag.com/weight-loss/slimming-tricks

お役立ち情報[PR]