お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

速度制限がないドイツの高速道路。やってOK、NGなこと「緊急車両は真ん中のレーンを空ける」

ドイツの高速道路には、推奨されている130キロというスピードはありますが、決められたスピードリミットはありません。それを理由に、多くの観光客はハイスピードの運転を楽しみにしてドイツにやってきます。

【外国人のチップ事情「チップをあげる:イタリア人23% ドイツ人69%」】

しかし、ここにもルールはあります。自分だけでなく周りも130キロ以上のスピードで走っていることを考えると、危険が隣り合わせである事は誰にでも分かる事です。ではドイツの高速道路にあるルールを紹介しましょう。

まず、一番外側(一番左)のレーンは、200キロ以上で走る人以外は使わないようにしましょう。スピードを出す車専用のレーンです。

外側のレーンを使うのは少し怖いけど、中間のレーンで前の車がゆっくりすぎるなと思う場合はパッシングをしてレーンを空けてもらいましょう。

渋滞やスピードダウンの際はすぐにハザードランプをつけましょう。

渋滞の際は、真ん中のレーンを空けて緊急車両が通れるようにしておきましょう。

スピードの上限はありませんが、下限は存在します。60km以下で走らないようにしましょう。

加速してスピードを出して走ると、普段よりガソリンを多く使います。よく考えてガソリンを入れておくようにしましょう。

スピードを出す事を好んでいるのは運転者だけであり、車側は迷惑している事もあります。自分の車に見合ったスピードで運転するようにしないと、車に負担を与えてしまいます。

いかがですか、あなたはこんなドイツの高速道路で運転してみたいですか?機会がある方は、安全に運転するようにしてくださいね。

参考:Five dos and don’ts on Germany’s autobahns
http://www.thelocal.de/galleries/lifestyle/five-dos-and-donts-on-the-german-autobahn

お役立ち情報[PR]