お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

肌にやさしい食べ物を好む人は、年のとり方が美しい「保湿」

フランス人女性はなぜ年をとっても美しいのだろう?何がちがうのだろう?というアメリカ人女性たちの質問に、フランス女性の美しさについての多数の著書を持つミエレル・グリアノさんが答えました。

【ストレスがたまると●●が消耗される!放置すると肌老けまっしぐら】

まずアメリカでは、女性は若いことが美の条件であります。30代を超えるともうおばさんのように扱われてしまいます。でもフランスではそうではありません。50代の女性でも、一人の女性としてリスペクトされます。

ではフランス人女性が日ごろから気を付けている事は何でしょうか?

まずは保湿。フランス女性にとって保湿は宗教と同じように信仰されています。そして、フェイシャルがオプションではなく必要不可欠なメンテナンスであることも、フランス人女性がいつまでも美しい理由の一つでしょう。

また、日ごろから肌にいいカキやはちみつ、キノコ類をたくさん食べている事も関係しているでしょう。そのほかに、緑黄色野菜やブルーベリーも老化抑制の効果があるので、よく食べることをグリアノさんは勧めています。

しかし、何を食べたら体にいいか、肌にいいかを考えすぎていつも心配するのは逆に体によくないので、自分が食べたいものを適度に食べることも大切だとグリアノさん言います。

やはり日ごろからのケアが大切なようですね。年を取ってからでなく、若いうちから、その先ずっとずっと美しくいるための生活習慣を考えないといけないですね。

参考:The Reason French Women Age Well… Is Chocolate?
http://www.redbookmag.com/beauty-fashion/blogs/trends/french-women-antiaging-tips?click=list

お役立ち情報[PR]