お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ボクっこ女子の特徴「悪い子ではないことが多い」

「ボクっこ」とは、自分のことを「ボク」という女子のこと。子どもが言うとかわいらしく感じますが、いい年した大人ではちょっと痛いかも。そんな女子の特徴について、女性読者265名にうかがいました。

【男性が痛いと感じる女子の一人称「あちき」「おいら」「渚でなぎこ」】

■女性編

・「ちょっと、変わっている。悪い子ではないことが多い」(30歳/学校・教育関連/技術職)
・「少年漫画のキャラクターが好きな人」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「2次元の世界で恋していそう」(27歳/金融・証券/営業職)
・「彼氏できなさそう……」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「女性らしさに抵抗がある人」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

見ていて痛々しいし、モテからは遠ざかっているボクっこですが、悪い人ではなさそう。付き合うのは大変そうですが……。

「かわいいと思ってやっている」という意見もチラホラ。これに男子は気づいているのでしょうか。男性読者155名に聞きました。

■男性編

・「育ちが影響していると思う」(30歳/商社・卸/営業職)
・「他人の気持ちに気が付かない」(34歳/機械・精密機器/営業職)
・「女を相手に意識させたくなくて、男を面倒な存在と思っている」(53歳/電機/技術職)
・「女子を捨てている変わり種」(29歳/運輸・倉庫/技術職)
・「悪い印象の人がほとんどだということに気付いてほしい」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

ほとんどの男子がボクっこに抵抗があるようですね。「どうしてボクにこだわるのか?」という疑問もチラホラ。かわいさアピールは伝わってないのかも。ただ、「紹介して」「付き合いたい」という意見も少なからず見受けられます。

相手によってはモテテクになるのですね。

調査期間:2013/9/25~2013/9/30
有効回答数:男性155名、女性265名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]