お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

5歳以下でも自分の容姿を気にする-英調査

最近の子供がお洒落なのは、親が子供を着飾るという理由だけではなさそうです。どうやら最近は、自分の容姿を気にする子供たちが増ているようです。

【結婚の幸福度が高いほど、パートナーのオナラに寛容? ~パートナーエージェント調べ】

イギリスで、子供たちがどれくらい自分の容姿を気にしているかという調査が行われました。結果、既に5歳以下の年齢で、30%の子供たちが自分の容姿を気にしているということが分かりました。

更に自分の容姿に悩む16歳以下の子供たちは30%、そして容姿が悪いことで泣くほど悩む子供たちは、全体の18%という数字が報告されました。

69%の親が「外見じゃない、中身だよ」と子供に教えているのに対し、50人に1人が「外見は重要よ。精一杯魅力的に見せないとだめ」と教えるということです。

又、80%の親が自分自身の外見を他と比べているということも明らかに。こういった親の何気ない行動や言葉が、子供のコンプレックスにも繋がっているそうです。

「私たちだけの責任じゃないわ」と言う母親たち。

「現代社会の外見に対する評価は酷過ぎる」という意見が、全体の95%の母親にみられたそうです。

外見重視の傾向にある現代社会。

メディアに映る人達だけでなく、絵本のプリンセス、玩具のバービー人形にいたるまでスーパーモデルのよう。

その中で育つ子供たちは、外見に対して偏った思考を持ってしまっても仕方がないのでしょうか?

参考: The end of innocence: Children under FIVE are already aware of their
http://www.dailymail.co.uk/femail/outline-2516897/The-end-innocence-Children-FIVE-aware-looks-18-16s-cried-feel-ugly.html

お役立ち情報[PR]