お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

散らかす赤ちゃんは頭が良くなる―米調査

散らかす、汚す、ベタベタ、ドロドロ、赤ちゃんを好きなようにさせておくと、家の中はとんでもないことに。

【意外! 赤ちゃんが初めてしゃべった言葉「ばぁば」「ダイジョウブ」「ハム」】

最近の研究で、散らかすのが大好きで、特に食べ物で遊ぶ幼児は、学習能力も高いとうことが分かりました。

アイオワ大学では、72人の16ヶ月の幼児を対象に、ジャムやチーズなどの食べ物で遊ばせるという試みをしました。

結果、テーブルと床をよく汚した幼児に20%の学習能力の向上が見られたということが発表されました。

研究チームはお母さんたちに次のようなメッセージを送りました。

「食べ物を触って、つかんで、挙句の果てには床に投げるといった姿は、遊んでいるようにしか見えませんが、そういった行動で色々な情報を取り込んでいるのです」

せっかく作ったご飯をポイポイと床に投げられたら凹みますよね。しかし、これもわが子の学習だと割り切れば、少し感じ方が変わるかもしれません。

参考:How being messy helps toddlers to learn more: Children who grab, feel and taste objects are constantly gathering information
http://www.dailymail.co.uk/health/outline-2516618/How-messy-helps-toddlers-learn-Children-grab-feel-taste-objects-constantly-gathering-information.html

お役立ち情報[PR]