お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

トップ心理学博士が語る「エッチしなくても、ラブラブ夫婦でいる方法」

夫婦仲がいいけれど、エッチがない――。本当にそれでいいの? どこかに隠された心理学的な問題があるのでは?と考える夫婦もいるでしょう。しかし、この問いに対する心理学者の答えは「ノー」です。セックスは7つあるラブラブ夫婦の基準にあてはまらないと言います。

【エッチがありそうな日のデートは、いつもより力が入る?】

Dr. Charles & Dr. Elisabeth Schmitz博士夫婦は、結婚問題の著名な専門家。過去30年にわたって、世界中の結婚問題を調査してきました。執筆した本や記事は600以上、講演数は1000以上にのぼり、博士夫婦自ら46年間も結婚しているというのだから、説得力があります。

同博士夫婦の経験によると、「エッチがステキだからという理由で、結婚が続いているカップルは皆無」だそう。同博士が結婚を順調に続けている夫婦を調査したところ、7つの共通な特徴を見つけ、その7つの中にエッチは含まれていなかったそうです。

それでは、エッチよりも2人の絆を強くするものは何だと思いますか? 会話と答える人がいるかもしれません。正解は会話ではなくて「相手にふれる」ことです。

一緒に並んでテレビをみているときに、フットレストに乗せたお互いの足先がふれたり、夫が妻の後ろを通るたびに、肩や髪にさわったり、そのような何気ないタッチの繰り返しから、相手の愛情を感じとり、伝えると言います。

結婚に成功しているカップルは、頻繁に相手にふれているとか。

言葉はいらない愛情のキャッチボール。あなたも今日から始めてみませんか?

参考:Sex: How Important is It?
http://www.yourtango.com/experts/dr-charles-dr-elizabeth-schmitz/sex-sex-sex-how-important-it

お役立ち情報[PR]