お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

時には優しい泥棒もいる―スマホは盗んでも、SIMカードは返却

「友達や仕事関係の連絡先はもちろん、写真や音楽、スケジュールなどすべてスマホで管理。スマホなしでは生きていけない!」そんな人は多いと思いますが、大切なスマホが盗まれたら、どうしますか?

【1日6時間以上のスマホ女子、5割弱がリラックスできない「過緊張」 ~養命酒製造株式会社調べ】

盗まれたのが分かった時点で慌てふためいてしまいそうですが、アメリカでスマホにまつわる珍事件が起きました。

その内容は……。

アメリカでスマホを盗まれた男性の元に、盗んだ犯人がわざわざSIMカードを届けた、というから驚き!事件は、中国人バーマン、ツォウ・ピン氏が見知らぬ人とタクシーを相乗りしたときに起き、ピン氏がタクシーを降りた時には、すでにスマホは盗まれていたそう。

そこでピン氏が取った行動というと・・・。アドレス帳に1,000件以上も登録をしていたピン氏は、友達の携帯電話から自分のスマホあてに、スマホがいかに大切かメールを数回送ったそう。そのうちの1つは「あなたが私の携帯電話を盗んだのは分かっています。

アドレス帳を見れば、私がどんな職業か分かるでしょう。もしあなたに良識があれば、どれだけ困っているか分かるはずです。どうぞスマホを私に返してください!」という内容。

仕事関係の連絡先を失って困り果てている状況をメールで送り続けたところ、なんと、数日後に犯人からSIMカードが届けられ、さらにスマホに登録されていたすべての連絡先が書かれた紙(その量、なんと11ページ!)が添えられていたそう。

これに対し、ピン氏は「1から1000の数字を書くだけでも時間がかかるのに、さらに名前や電話番号まで書いてくれて、今ごろ泥棒の手は腫れ上がってるんじゃないかな」と喜びを表しました。

SIMカードが壊れた場合を想定してか、連絡先を1個1個書いてくれた泥棒がいるなんて・・・。人情味あふれる犯人の行動に、感謝する前に、まずは泥棒を卒業してもらいたいですね!

参考:Un gentil voleur d’iPhone renvoie tous ses contacts a son proprietaire
http://www.grazia.fr/societe/news/un-gentil-voleur-d-iphone-renvoie-tous-ses-contacts-a-son-proprietaire-581318

お役立ち情報[PR]