お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

クリスマスだからって、ワンコにフォアグラはあげちゃだめ!―タマネギ、ぶどう、栗もNG

世界中の多くの国でお祝いされるクリスマス。文化や伝統によって、それぞれ特別なものを食べたり飲んだりして楽しむと思いますが、フランスではどうでしょうか。食べる物にこだわりがあることで有名なフランス人は、フォアグラやスモークサーモン、ローストチキンやハムなどを食べるそうです。

【間違いやすい知識 犬にネギを除いた味噌汁を与えるのは?→絶対NG】

しかし、クリスマスを前にして懸念されているのはお家で飼われている犬たちのこと。

フランス獣医たちは、「クリスマスだからといって、人間が食べている物を飼い犬に与えないように!」と呼びかけています。

よだれを垂らして机の下で待つ犬を喜ばせようと、食べている物をあげてしまう飼い主は多いと思いますが、ハムやスモークサーモンに含まれる塩分は相当な物です。また、ローストチキンなどに含まれるニンニクも犬には刺激が強すぎます。

そのほかに、タマネギやぶどう、栗なども、犬に与えてはいけない食べ物です。中毒を起こし、膵炎(すいえん)となってしまうのです。

ある獣医は、飼い主たちが食べていたダークチョコレートを盗み食いして心臓発作を起こし死んでしまったボクサー犬を知っていると言います。故意に与えていなくても、犬に届く場所に食べ物があると、間違って食べてしまう事もよくあることです。

クリスマスのディナーを飼い犬とシェアしたいという場合は、脂身のない肉を少しだけ与えるようにしましょう。それ以外は、犬専用のおやつを買ってあげて、それをあげるといいでしょう。

■まとめ

人間が食べておいしいものでも、犬にとっては毒と同じである食べ物もたくさんあります。動物を飼っている人は家族みんなで気をつけるようにしないといけないですね。

参考:‘Don’t feed dogs foie gras at Christmas,’ warn vets
http://www.thelocal.fr/20131203/dont-feed-dogs-foie-gras-at-christmas-french-vets

お役立ち情報[PR]