お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

見たっていいことなんかないのに、なぜか見たくなってしまうもの1位「恋人や夫・妻のSNS・ブログ」

「怖い物見たさ」なんて言葉がありますが、人間とは見てはいけないもの、見ない方が良いものほど、見たくなってしまうもの。後悔することがわかっていても、どうしても我慢できなくなってしまうことはありませんか? 今回は、見たっていいことなんか一つもないと思いつつ、なぜか見たくなってしまうものについて、読者753名に聞いてみました。

【エロすぎて誰にも言えない!? 恥ずかしい「女子の秘密」とは?】

Q.見たっていいことなんか一つもないと思いつつ、なぜか見たくなってしまうものを教えてください(複数回答)
1位 恋人や夫・妻のSNS・ブログ 21.2%
2位 恋人や夫・妻の携帯電話 15.8%
3位 占い 13.2%
4位 元恋人のSNS・ブログ 12.9%
5位 恋人や夫・妻の日記帳・手帳 11.7%

■恋人や夫・妻のSNS・ブログ

・「見たっていいことはひとつもないのに、変な好奇心で見てしまい、いつも後悔しています」(24歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「知らなくていいことを知ることになる」(33歳男性/マスコミ・広告/技術職)
・「相手の交友関係は気になるが、ただただ嫉妬するだけだから見ない」(31歳男性/金融・証券/専門職)

■恋人や夫・妻の携帯電話

・「携帯で、昔浮気がわかったことがある」(35歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「中身を見て、ショックを受けるに決まっている」(30歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「気になって悪く考えるだけ」(29歳女性/通信/事務系専門職)

■占い

・「朝に見てもすぐに内容は忘れるが、つい見てしまう」(30歳男性/情報・IT/技術職)
・「数十年後の運勢を見てしまうときがあります。無駄だなと思います」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)
・「悪い結果だったらショックを受けるだけ」(25歳男性/医薬品・化粧品/技術職)

■元恋人のSNS・ブログ

・「見るたびにつらくなります。でも気になっちゃうんですよね……」(24歳男性/情報・IT/技術職)
・「歴代の好きな人を検索してSNSを見るけど、自分より幸せだと凹みます」(32歳女性/商社・卸)
・「私より先に結婚していて、ショックを受けました」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/専門職)

■恋人や夫・妻の日記帳・手帳

・「悪口が書いてあったら立ち直れない」(30歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「秘密にされると、かえって見たくなります」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「本音が書かれているから」(26歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

■番外編:別に意味はないけれど……

・鼻をかんだあとのティッシュ「何となく習慣で」(30歳女性/学校・教育関連/技術職)
・心霊画像・動画「怖い物見たさでついつい見てしまい、一人のときに思い出してしまって後悔する」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・預金通帳「微々たる利息しか付かないのはわかりつつも、利息が付く月は通帳を確認してしまう」(34歳男性/情報・IT/技術職)

●総評
1位は「恋人や夫・妻のSNS・ブログ」という結果になりました。パートナーが自分といるとき以外の時間を、どうやって過ごしているのか。普段どんなことを考えているのか。とても気になりますよね。しかし、すべてを知ることが幸せとは限りません。

見て、後悔した人は非常に多いようです。

2位は「恋人や夫・妻の携帯電話」。自分が見られたら嫌だから、見ても良いことはないからと、絶対にパートナーの携帯電話は見ないようにしている人は多いようです。ただ、やっぱり気にはなりますよね。もしかしたら、浮気の証拠が入っているかも……と、つい手をのばしてしまう人も少なくはないようです。

5位には「元恋人のSNS・ブログ」がランクインしています。少し前までは、連絡を取らなくなってしまえば、元恋人の現状などわかりませんでした。しかし、SNSやブログによって、今は知ろうと思えば簡単にわかってしまうこともあります。

ただ、相手の幸せを喜べる自信がない人は、見ない方が賢明かもしれませんね。

ランキング外では、「預金通帳」という回答もありました。自分が預金をしなければ増えませんし、利息も微々たるもの。それでも頻繁に確認したくなってしまう気持ち……痛いほどわかります。良いことがないとわかっていても、つい見てしまう。

人の気持ちは簡単ではありませんね。
(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)

調査時期:2013年10月26日~2013年11月5日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性297名、女性456名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]