お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

ご存じ?5:2ダイエット「5日間は何を食べても良く、2日間はほぼ絶食する食事法」

イギリスの医師がこのダイエット法をドキュメンタリー番組で実験し、大成功を収めてからというもの、この食事法がみるみる大人気になり、ビヨンセやミランダカーもこれを支持しているとか?!でも本当のところこの食事法はどうなのか、探ってみました。

【糖尿病専門医に聞く。朝食を食べたり食べなかったりすると、太りやすいって本当?】

実際にこの食事を行っているシドニー在住のジェシカ ムーアさん、23歳は休日に増えた体重を落とそうと始めました。彼女のお父さんもこれを実践してから10キロ痩せたそうです。この食事法の良いところは何かを食べたらいけなかったり、サラダばかり食べないといけなかったりする必要がないところだと言います。

必要なのは週に2日は摂取カロリーを2000KJ(476kcal)までに抑える事だけです。後の5日は何を食べても良いのです。

ムーアさん、アイスクリームが大好きで、たくさん食べるけど全く体重も増えないようです。

この食事法は古来の狩猟時代に、あまり収穫がなく、食べられない日があったことをまねたもので、断食が体を回復させ、バランスを保ち、蓄積された脂肪が燃焼されるという考えのもと開発されました。

しかしやはり副作用もあるようで、頭痛、不眠、いらいら、生理不順などが報告されています。突然たくさんのカロリー摂取を制限すると副作用が出るのは当然のようです。

研究では人によって効果には違いがあり、特に痩せる必要がない女性には悪影響を与えるという結果が出ています。またマウスの実験では排卵がなくなったり、卵巣が縮まったという結果も出ています。

という事で、痩せる必要のない女性にはあまり良い事はなさそうです。特に女性特有の健康問題が出るのはきっとこれから子どもを望む女性には良くないでしょう。

参考:The truth behind the 5:2 diet
http://www.cosmopolitan.com.au/health-lifestyle/healthy-eating/2013/11/the-truth-behind-the-5-2-diet/

お役立ち情報[PR]