お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

植物油にも避けるべきものがあるって本当?「ひまわり油→×」「大豆油→○」

ヒマワリ油、キャノーラ油、オリーブ油など、植物油にもいろいろな種類があります。主成分がオメガ3脂肪酸ならOKですが、オメガ6脂肪酸の場合は酸化しやすいため、注意が必要です。

【放っておくとヤバイ!プロが伝授する「セルライトオイル」レシピ】

心臓発作のリスクを考えた時、動物の脂よりも植物油の方が身体にいいというのは常識。身体にいい植物油を積極的にとることで、ダイエット効果があるという研究結果も出ているようです。しかし、植物油といっても種類はいろいろ。

とるべき油と、避けるべき油があるのをご存じでしたか?

炒め物などに使われる植物油には、オメガ3脂肪酸が主成分のものと、オメガ6脂肪酸が主成分のものがあります。オメガ3の代表は、キャノーラ油、大豆油。オメガ6の代表はコーン油、ひまわり油。

このうち、オメガ6脂肪酸は、体内で酸化しやすい性質を持っています。酸化ストレスも、肥満や高血糖と並び、心臓発作などの重病の大きな原因。酸化しやすい油を避けることも、健康な食事のポイントです。

オメガ3脂肪酸もオメガ6脂肪酸も、体内で作ることはできないので、全く食べないのもNG。しかし、同脂肪酸の理想の摂取比率が1:5から1:10なのに対し、現代人の多くは1:20くらいの割合で摂取してしまっているのだとか。

この割合を理想バランスに変えないと、酸化しやすい体質になってしまいます。

オメガ6脂肪酸は、外食や既成の食べ物で摂(と)ることができるので、調理用の油はコーン油、ひまわり油を避け、キャノーラ油、大豆油、オリーブ油などを選ぶのがベター。参考にしてみてくださいね。

参考:The Truth About Some “Healthy” Oils
http://www.womenshealthmag.com/nutrition/cooking-oils

お役立ち情報[PR]