お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

イギリスの女性81%は子供を産むことがキャリアを壊すと懸念

イギリスで100,000人を対象とした女性の職場に対するアンケート調査が行われています。このアンケートは始まったばかりなのでまだ全ての結果が出てはいないのですが、そのうち最初の10,000人の女性回答者の解析が早くも始まっています。

【出産できないかも……「キャリアOLになると失うのではないかと不安に思うもの」】

このアンケートでは主に女性が仕事と私生活のバランスをどう考えているかということが調査されています。そして、10000人の女性の回答を解析してみた所、なんと81%もの女性が子供を産むということが女性のキャリアを壊してしまうと懸念しているという事がわかりました。

また、ほとんどの女性はフレックス制度で育児と仕事をこなしていたり、パートタイムで働いたりしている女性は「仕事に対してそこまで真剣ではないだろう」という考えも持っているみたいです。

地位の高い仕事のポジションになればなるほど仕事に対する集中力や献身さが必要となるため、プレッシャーも多くなります。そのため、育児と仕事の両立をしている女性は「中途半端だ」と思う女性が多いみたいです。

それと同時に、回答者のうち66%は「仕事を何よりも一番にすること」がキャリアアップには欠かせない事実だと考えています。子供を産むと中途半端にしか仕事ができなくなり、だからこそ自分のキャリアが奪われてしまうと思う女性が多いのですね。

しかしそれに反し、働きながら子育てをしている女性の生活にあこがれ、専業主婦になるよりも子供にとって良い「ロールモデル」になれると信じている女性は89%もいました。

女性の社会進出が欧米では日本よりも進んでいて、結婚するから仕事を辞めるなんて言う女性は少ないでしょう。しかし、女性の昔ながらの家事や育児という役目を両立するのに苦労している女性はまだまだたくさんいるみたいです。

一日も早く女性が社会進出のしやすい社会になると良いですね。

参考: A staggering 81% of women fear a child will harm their career, new study reveals
http://www.dailymail.co.uk/femail/outline-2516367/There-perception-successful-need-available-24-7-81-women-fear-child-harm-career.html

お役立ち情報[PR]