お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

寒い部屋だと太る-スコットランド研究

冬は太るシーズンだと思ったことはないですか?

【デスクでのランチは太る!カロリー過多の物を食べる傾向に―調査結果】

年末年始の宴会で食べ過ぎというのもあるようですが、どうやら室温にも関係があったようです。

スコットランドで、室温と体重の関係について研究が発表されました。研究は10万人の成人を対象に13年間に渡って行われました。当初は「低い室温の方が健康的に体重を減らすことが出来る」という説を調査するためにスタートした研究でした。

寒いと身震いし、それによって更にエネルギーを燃やそうとして体重が減るという説が有力だったからです。

しかし、それとは反対の結果が明らかになりました。室温は高めの方が、太りにくいという結果が出たのです。一般的に冬の室内温度の平均設定は、20.3度~23度。

これを、ほんの少し上げるだけで、身体のエネルギーが増し、食欲が抑えられ、結果太りにくくなるということが発表されました。このことは、肥満の専門誌であるOBESITYにも大きく取り上げられました。

冬の室内は最低でも23度、出来ればそれよりも高い温度を保つことが、冬太りを防止してくれるようです。
暖房を節約した結果太ってしまっては悲しいですよね。今年の冬はいつもより暖かいお部屋で過ごしてみませんか?

参考:Keep your home warm to avoid gaining weight this winter
http://ca.shine.yahoo.com/blogs/shine-on/keep-home-warm-avoid-gaining-weight-winter-153053235.html

お役立ち情報[PR]