お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

デキる人は何が違う?仕事がデキる人の10の習慣「フィードバックに対してオープン」

「あの人は頭がいいから」と、デキる人のことを遠くから見ていませんか?もし、普通女子からデキる女子に変身できるコツがあれば、試してみたいと思いませんか?

【「○○っぽい」を多用できる人の頭の速さとは?「記憶力と整理力と認知力が高い」】

どんな状況でも生産性の高い仕事が出来る人というのは、能力というよりも他の人と少しやり方が違うのだそうです。

・フィードバックに対してオープン
・聞き上手
・よくメモる
・集中できる環境を作る
・いつも楽しそう
・同僚に対して家族のように接する
・同僚に助けを求めることができる
・健康管理が出来ている
・自分の仕事を省みる時間を作る
・職場で楽しめる

「フィードバック」は、新人ベテランに関係なく、ネガティブな内容でも進んで耳を傾けるというものでした。これによって多くのことが学べるそうです。

「聞き上手」は、話し上手にも繋がるとか。人の話しをじっくり聞くことで、考えてから言葉を口にする習慣がつくそうです。

「集中出来る環境」について、携帯電話を目に付かないところに置いておくという工夫も紹介されています。

「助けを求める」というのは、仕事の効率を良くするだけでなく、同僚が学べるチャンスでもあるそうです。

「省みる時間」は、成功したことをリストアップしたり、目先の目標を立てるといったことが紹介されました。

あなたの職場のデキる人は、いくつ当てはまっていますか?どれも特別な能力を必要とするものではなさそうですね。出来そうなことから試す価値はありそうです。

参考: Happy Employees: 10 Things Productive People Do Differently
http://www.huffingtonpost.ca/2013/11/25/happy-employees_n_4337811.html

お役立ち情報[PR]