お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

究極のダイエット法が近く登場?体に埋め込み食欲を抑制してくれるデバイス―大学研究

どんなに頑張っても結局は誘惑に負けてしまう人、痩せてもリバウンドしてしまう人に朗報。 遺伝子に働きかけ、生理学的に食欲をコントロールしてくれるデバイスが現在開発中だといいます。

【やせたのにリバウンド!どうして?ダイエットのヨーヨー効果】

この究極のダイエットデバイスは、体に微小のチップを埋め込むタイプで、マウス実験ではすでに成功済み。腕に埋め込まれる遺伝子に働きかけるコンピューターチップが血中の脂質量を制御し、空腹感を止めてくれるのです。

このデバイスを開発したチューリッヒ工科大学のマーティン・フッセネッガー教授の報告によると、チップを埋め込まれた肥満のマウスが食べると、血中の脂質量が感知され、空腹感を抑えるホルモンが放出されるため自動的に食べる量が減り、著しい減量効果が表れたといいます。

過激なダイエットや薬、手術など、必ずしも望む効果が得られない方法と比べると、人の自然な満腹メガニズムを活用していることで非常に期待が高い処方と言えます。

教授の研究チームでは人への適用を考えていますが、実用にはまだ時間がかかるということです。

参考:Weight Loss Chip Implanted In Arm Releases Diet Drug To Control Appetite And Check Your Blood For Fat
http://www.medicaldaily.com/weight-loss-chip-implanted-arm-releases-diet-drug-control-appetite-and-check-your-blood-fat-263855

お役立ち情報[PR]