お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

「定番」は強し!もらってうれしいお歳暮「A5ランクの霜降り肉」「お歳暮といえばハム」

お世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮。皆さんはどんなお歳暮をもらえたらうれしいですか? 世代的にもらったことがないという人も多いかもしれませんが、あらためて「もらえたらうれしいお歳暮」について、読者の皆さんにアンケートしてみました。

【会社のお歳暮には、甘いお菓子がいい? 働く女子に聞く「会社に送られてくるとうれしいお歳暮」ランキング】

調査期間:2013/10/9~2013/10/25
有効回答数819件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■肉

「カモ肉のロース。普段自分では買わないから」(50歳/男性)
「A5ランクの霜降り肉。普段自分では買わないのでもらえるとうれしい」(30歳/女性)
「鍋に合いそうな肉。冬場にはうれしいので」(30歳/男性)

普段買わないような高級肉はもらえるとうれしいですね。テンション上がります。

■酒

「日本酒。寒い冬には熱燗にして飲みたい」(28歳/女性)
「ビール。普段は発泡酒しか飲まないから本物が恋しい」(32歳/男性)
「酒。飲めばなくなるし、邪魔にならないから」(37歳/男性)

酒飲みには、酒を与えておけばまず問題ないです。

■商品券

「自分で好きなもの買える」(31歳/女性)
「できるだけ現金に近い方がうれしい」(31歳/女性)
「親にあげるなど、自分で消費する以外の使い道があるから」(22歳/女性)

何をあげたらいいのか分からなくなったらこれでしょう。

■調味料

「自分で買うと重いから」(28歳/女性)
「保存がきくし、うっかり切らしたときにあると助かるから」(25歳/女性)
「実用的だから」(33歳/女性)

料理をする人なら、ちょっと変わった調味料も喜ばれます。

■米

「ありすぎても困らないから」(28歳/女性)
「玄米。自分では普段なかなか買わないから」(28歳/男性)
「毎日食べるから」(27歳/女性)

これさえあれば、とりあえずは生き延びられます。生命の源をもらえたと思えばうれしくないわけがありません。

■洗剤

「生活必需品だから」(29歳/女性)
「消耗品なのであると助かる」(25歳/女性)

生活に密着したお歳暮。ぜひ肌にやさしいものを選びたいところ。

■お菓子

「和菓子。量はいらないので、おいしいものを少しもらえるとうれしい」(22歳/女性)
「おやつを自腹で買わなくて済むので」(21歳/女性)
「ヨックモックの洋菓子が好き。普段セットになってるものを買うことはないから、うれしい」(30歳/女性)

おいしいお菓子がたくさんある家って、何だか豊かな感じがします。

■ハム

「お歳暮といえばハムというイメージ」(26歳/男性)
「分厚いものをもらうとうれしくなる」(28歳/男性)
「いろんな種類があると食べ比べができて楽しい」(27歳/女性)

こちらも定番。充実したハムの詰め合わせには、思わずうっとりすることも。

■アイス

「ハーゲンダッツ。自分で買うのは少し贅沢なものなので」(21歳/女性)
「ゴディバのアイス。毎年もらえるのを楽しみにしてる」(26歳/女性)
「日持ちもするし、賞味期限をあまり気にしないでもいいから」(25歳/女性)

冷凍庫にたくさんのアイスがストックされている喜びって、ほかに代えがたいものがありますよね。

■ジュース

「無農薬のジュース。高くて自分では買えないから」(38歳/女性)
「ねぶたのりんごジュース。一番好き」(27歳/女性)
「野菜ジュース詰め合わせ。毎日飲める」(26歳/女性)

ジュースなら小さい子どもがいる家族もみんなで楽しめるのがいいですよね。

■その他

「高級フルーツ店のいちご。自分ではまず買わないけど」(40歳/女性)
「その人の住む地域で人気のスイーツ。自分でなかなか買いにいけない場所のおいしいものを送ってもらえると、気持ちを感じるので」(28歳/女性)
「蟹セット。無条件でテンションがあがるから」(32歳/男性)
「せっけん。我が家の消費量が半端ではないので」(30歳/女性)
「コーヒー。いろんな豆を試せる詰め合わせがもらえるとうれしい」(32歳/女性)
「ふわふわの毛布。寒い夜を温かく過ごせるから」(52歳/女性)
「アロマテラピーグッズ。年末年始は何かとドタバタするので癒やされたい」(34歳/女性)

このほかにも「宝くじ」や「しょこたんのCD」など、変わったお歳暮を挙げた方もいましたが、基本的には上記に挙げたような「定番」にニーズは集中しているようでした。時代が変わっても、人がもらってうれしいものってそんなに変わることはないのかもしれません。

(佐藤育児+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]