お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女性に聞いてみた!「付き合ってはいけない3B」で痛い目にあったことある?

「付き合ってはいけない3B」というフレーズを、聞いたことがありますか?  この3Bとは「バンドマン」「美容師」「バーテンダー」の頭文字を取ったものだそうで、これらの職業に就いている男性は、モテる、自由人、浮気癖がありそう……といったイメージから「付き合うと傷付くことがある」と言われているのだとか。

【恋人から仕事を辞めたいと相談されたら、賛成する女子は48.3%「自分の考えで彼をダメにしたくない」】

でも、それって本当なの? 真相はどうなのか、実際に「3B」と付き合ったことがあるという女性に聞いてみました!

調査期間:2013/10/9~2013/10/25
アンケート対象:読者の女性
有効回答数 522件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

まずはこんな質問。

Q1. 3Bの男性と付き合ったことがありますか?

はい …… 37人 (7%)
いいえ …… 485人 (93%)

つきあったことがあるのはわずか7%。かなり少ないようですが、3Bと付き合って「痛い目にあった」経験がある人はいるのでしょうか。

■すれ違いばかり

「バーテンダーは昼夜が逆転しているので生活リズムが合わず、すれ違ってしまった」(26歳)

3Bの男性には生活が不規則な人が多いため、なかなかデートの約束ができないという悩みも。

■ヒモ男率が高め!?

「バンドマン。バイトも長続きせず、私の家に転がり込んで生活していた。ガンガンにクーラーを付けた部屋でアンプをつないでギターを練習していたので、『電気代払ってよ』と言ったら『○○がそんなこと言う人だとは思わなかった』と逆ギレされた」(22歳)

まるで絵に描いたようなヒモ男! その後、別れて家から追い出すのに3ヶ月もかかったそうです。とはいえ、これはバンドマンが悪いのではなくこの男性がダメ男だっただけのような気も……。

■覚悟が必要

「バーテンダーの彼がいました。本人は普通の人だったけれど、常連のお客さんに妬まれて怒号を浴びせられたことがあった」(31歳)

モテる3Bの彼女になるには、妬まれても動じない度胸が必要かもしれません。

■ドタキャンは日常茶飯事!?

「バンドマンと付き合ってます。前々からデートの約束をしていたのに、『メンバーが集まれるのが今日しかない』と言われてドタキャンされた」(18歳)

「バンドと私、どっちが大事なの?」というお決まりのフレーズを言いたくなる状況ですね。もちろん3Bにはそんな言葉は愚問にすぎませんが……。

■破壊力倍増のパターンも!

「バンドマンを目指すバーテンダーと付き合っていました。夢を追い続けるわりに文句しか言わず、最後はアル中で部屋の天井を壊す始末」(27歳)

このような危険な3Bに当たってしまったときには、早々に見切りをつけるのが身のためかも……?

■結局浮気か!(怒)

「バーテンをする前から付き合っていた彼氏が、バーで働き始めてから浮気しました」(22歳)

3Bに仲間入りをしたとたんに浮気をしてしまったとはショックです。

■一方、3Bを絶賛する意見も

中には「それは3Bだからではなく、彼の性格の問題では……」というものもありましたが、3Bの彼と付き合って傷付いた経験のある人は確かにいるよう。しかし、「付き合ってはいけないというのは嘘」という意見も寄せられました。

「美容師と付き合っていたけれど、お客さんは女性だらけだったので不安で仕方なかった。けど、その人は手を出したりしなかった」(31歳)

カットモデルのスカウトで、かわいい女の子に声をかけることもある美容師。だからと言って全員が浮気をするわけではありません。

「バンドマン、バーテンダーと付き合ったことがあります。確かに浮気した人もいましたが、人それぞれだと思います」(43歳)

性格によることが多いという意見。モテたくて始めたことなのか、好きだから始めたことなのかでもタイプが分かれそうです。

「美容師と付き合って、無事に結婚しましたよ!」(35歳)

真面目で一途な3Bをつかまえた女子はラッキーかもしれません!

■まとめ

アンケート結果を見ると、賛否両論。3Bの男性たちは、夢を追い求める姿や、自分の世界観があるところなど、他の男性にはないかっこよさを持っているのも事実。かくいう筆者も昔から3Bにはめっぽう弱いもので……。

女子のみなさん、3Bに恋するときには、ちゃんと相手を見極めたいものですね。

お役立ち情報[PR]