お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 不調

臨床内科専門医に聞く。体温の疑問―「微熱って何度から!?」「体温を上げる方法とは?」

ユンブル

何やら体がだるいので熱を測ると37.0度と出ました。筆者の平熱は35.7度ぐらいなのでけっこう高いように感じますが、実のところ、37度でも「熱がある」と言うのでしょうか。
臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長に、体温にまつわる疑問から、体温を上げる方法までをお尋ねしました。

■37度~38度になった状態を微熱と言う。しかし、体温にも個人差あり!

Q1.何度から何度までを「微熱」と言うの?

風邪の引き始めや少し体がだるく感じるとき、「微熱がある」と自己判断しがちです。そもそも、どのような状態を微熱と言うのでしょうか。

正木先生 「平熱の体温は35度~37度未満」を指します。発熱によって「37度~38度になった状態を微熱」、「38度以上を高熱」と言います。医学的には、「熱がある状態とは、37度以上」です。

ただし、体温にも個人差があり、子どもはやや高く、70歳以上の高齢者はやや低めです。「私の平熱は35度台なので、36度7分あるとしんどいのですが」という患者さんもいます。

自分の平均的な平熱を知っておき、「平熱より1度高いと体に異変があるのかも」と考え、休養するようにしましょう。

Q2.ストレスで体温は上がるの?

イライラ、カッカしているときは、体が熱くなって汗ばんでいるように感じます。やはり、体温は上がっているのでしょうか。

正木先生 精神的なストレスで体温が上がることはあります。例えば、極度に緊張する、好きな人に会う、大事なプレゼンがある、けんかするなど、一時的に興奮、緊張したときに、熱が上がるケースです。

交感神経の働きが活発になると体温は上がりますが、興奮状態がおさまるとすぐに解熱するでしょう。

一方で、仕事で疲れているなど慢性的なストレスが続く、複数のストレスが重なっている状況では、37度台の微熱が続くケースがあります。頭痛や倦怠(けんたい)感、不眠などの症状を伴うことも多いです。

また、風邪による発熱はウイルスに対抗する反応なので、解熱薬を服用することで熱は下がります。ですが、ストレスによる発熱には解熱剤は効きません。ストレスの原因そのものを解消する必要があります。

Q3.体温はいつ測るのが効果的?

平熱を知っておこうとは思うものの、どのタイミングで計測するのがベストなのでしょうか。

正木先生 医療の現場では、午前中、14時、20時、就寝前の合計4回体温を計測し、その平均をとって平熱とします。自分ではそう何度も測れないので、同じ時刻に週2回、2カ月ほど継続して検温し、平均を出してください。

体温は、運動、時間、気温、食事、睡眠、女性の性周期、感情の変化などによって変動します。特に、24時間単位で体温リズムがあり、1日のうちで早朝が最も低く、次第に上がって夕方が最も高くなり、夜にかけて徐々に低くなります。

Q4.測る場所によって体温差はある?

わき用、口用、耳用、おでこ用など、多様な体温計を見かけます。測る場所が違うと体温は変わるのでしょうか。

正木先生 体の表面や内臓、またその部位によっても温度は違います。特に、手足や顔などの体の末端や表面の温度は、季節や環境の影響を受けます。ですが、体の内部の温度は、脳や心臓などの大切な臓器の働きを保つために、高く安定しています。

わきの下には腋窩(えきか)動脈が通っていて深部体温に近いといわれるため、わきで測ることが多いわけです。測定する部位ごとに検温に必要な時間は異なるので、必ず体温計に表示された部位、時間で安静時に測りましょう。

Q5.体温を健康的に上げることはできる?

体温を上げると健康に良いと言われています。平熱が35度台でも、体温を上げることはできますか。

女子の大敵、冷え性を根本から改善する方法は?

正木先生 体温を上げることで、ストレスに強く、病気になりにくい健康な体になります。免疫力が低下すると体内に異物を発見しても白血球が十分に働くことができず、風邪などのウイルスや細菌、がん細胞に負けて発病しやすくなります。

体温を上げる方法

(1)ウォーキングなどで筋力をつける。特に、体温の低い朝にウォーキングをすると最も効率的だとされ、基礎代謝、新陳代謝をアップする、ダイエット効果もあります。

(2)朝起きたときと、寝る前に白湯を飲む。

(3)入浴や、冬場ならカイロや湯たんぽで体を温める。

(4)ストレスを防ぐために、できるだけ規則正しい生活習慣を続ける。

(5)GABAなど、ストレスを緩和する成分が含まれる食品(トマト、玄米など)を食べるようにする。それらをサプリメントで補うのも一つの方法。

知っているようで知らない体温についての知識を整理することができました。また、体温を上げると、病気への抵抗力がアップするとか。今すぐ実践しましょう。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修 正木初美氏。日本臨床内科医会専門医、大阪府内科医会理事、大阪府女医会理事、日本内科学会認定医、日本医師会認定スポーツ医、日本医師会認定産業医、正木クリニック院長。

 

お役立ち情報[PR]