お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 女性の身体

タバコは女性ホルモンを壊す!? 女性とタバコのこわ~い関係

禁煙化が叫ばれ、タバコを吸える場所がどんどん減っている現代。喫煙者には厳しい時代だけれど、そう簡単にやめられない……。そう感じている女性スモーカーも多いのではないでしょうか? しかし、女性の喫煙は男性に比べて多くのリスクが隠れているらしいんです!

【実は「ヤバいストレス」を抱えている人に現れる体の症状9個⇒】

「タバコを吸ったり煙を吸ったりすると、女性ホルモンが分解されることがわかっています。女性らしい体つくり、妊娠・出産に欠かせない女性ホルモンが低下すると、更年期が早く来たり、生理不順になることもあるんです。生理が毎月来ているから大丈夫、なんて思っていませんか?」

えっ、毎月来ていればいいものじゃないんですか!?

「実は、女性ホルモンの低下が原因で、月経が来ているのに排卵ができていない『無排性卵月経』の症状が起き、不妊の一因になってしまいます。生理が来ていると思い込んでいる場合、不妊治療のために婦人科を受診してから無排卵が判明することが多いんですよ」
無排卵性月経なんて、はじめて聞きました……! また、タバコによってもたらされる悪影響は、ほかにもたくさんあるそう。

「女性ホルモンといえば、お肌をやわらかくみずみずしく保つものでもあります。タバコは活性酸素を発生させ、お肌の骨格とも言える『真皮』のコラーゲン線維を細く短く劣化させます。さらにニコチンは血流を悪くするので、お肌に栄養が行かず新陳代謝を滞らせる、まさに美肌の宿敵なんです」

タバコは美肌の敵であり、女性の敵だったとは!

「タバコを吸っていると、皮膚のハリがなくなってきて、目尻や口まわりにしわが増え、実年齢よりも老けて見えます。これを『スモーカーフェイス』と言いますが、喫煙者特有の顔なんです。しわだけでなく、歯や歯茎の着色、口臭、白髪、頭髪の脱毛、反対に女性ホルモン低下によりヒゲが濃くなるなど男性化も伴います」

なんだか、タバコを吸っていない私も怖くなってきました……。妊娠中の喫煙にも問題がある、という話もよく聞きますよね?

「そのとおりです。妊娠中に喫煙していたり身近な人からの受動喫煙をつづけていたりすると、ニコチンによって全身の血流が悪化し、胎盤の血行も悪くなります。赤ちゃんに充分な酸素や栄養が行かず、低体重新生児が生まれたり、胎盤異常や流産、早産のリスクが高まるんです。妊娠中の喫煙は元気だった赤ちゃんが突然死んでしまう、乳幼児突然死症候群(SIDS)を引き起こすとも言われていますね」

さらに、出産後に母親や父親がタバコを吸っている場合は、乳幼児突然死症候群が起きる確率が、タバコを吸わない家庭にいる赤ちゃんの10倍なんだとか!

「授乳中にタバコを吸っていたりしたら、母乳を介してニコチンをはじめとした4,000種類以上もの化学物質と60種類もの発がん性物質を飲ませるのと一緒。完全に人工ミルクで育てても、子供の前でタバコを吸っている限り、受動喫煙によって乳幼児突然死症候群や中耳炎、咳、息切れ、ぜん息、気管支炎・肺炎など起きやすくなり、子供の健康被害も多大なんです」

また、母親がタバコを吸っている場合、その子どももタバコをはじめやすくなる傾向があるそう。将来にも影響してくるんですね。

ちなみに、妊娠してからタバコをやめても、まったく意味がない……なんてこともあるんですか?

「いいえ、妊娠してすぐにタバコをやめれば心配はありません。ただ、喫煙女性の妊孕率が低いという報告もあるので、子どもを産みたいのならば断煙するべきだと思います。でも、タバコをやめること自体が至難の業。ニコチン依存症になってしまうと、コカインやヘロイン、アルコールと同じくらいやめることが難しいんです。ニコチンパッチを使用しても、気軽にやめられるものではないので、ファッション性やダイエット目的で喫煙するのはやめましょう」

気軽にはじめたぶん、すぐにやめられるという過信も、タバコをやめられない原因のひとつなんですね。

「喫煙は美容への悪影響もありますが、肺や食道、咽頭、胃がんと生活習慣病のリスクを高め、健康寿命を縮めてしまいます。さらに、海外の調査では喫煙者のうつ病発症のリスクは、男女ともに吸わない人の2.9倍になる、という報告もあります。心身や美容のことを思うなら、禁煙外来に行ってきっぱり断つ決意をしてほしいですね」

そして、先生は「自分自身と家族、将来の子供の健康のために、今すぐ決断してください」と続けます。

女性の喫煙は、自分自身のみならず子どもの将来にも悪影響を及ぼすことを知ることも、断煙の第一歩なのかもしれませんね。

☆取材協力

慶田朋子先生(http://www.ks-skin.com/

銀座ケイスキンクリニック医院長。東京女子医科大学医学部医学科卒業。同大学の皮膚科助手を務め、都内皮膚科・美容クリニックでの勤務へ経て銀座ケイスキンクリニックを開設。最も難しい目の下や口周りの細かいシワまで自然に仕上げる高度な技術・美的センスで評価・信頼を得ている。

(大貫未来/清談社)

お役立ち情報[PR]