お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ダイエット

糖尿病専門医に聞く。ダイエットの味方になるデザート「手作り寒天ゼリー」

「やせたい! でも、デザートも食べたい!」という欲望は尽きません。ダイエットをしたいときには、どのようにデザートを選べばいいのでしょうか。糖尿病専門医で、『専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』(洋泉社)などの著書がある福田正博先生に、太りにくいデザートや、その食べ方についてお話を伺いました。

【ダイエット効果も!? 女子の強い味方「玉ねぎ」の効能って?】

■「手作り寒天ゼリー」が腹やせデザートとして最適

太りにくいデザートの選び方について、福田先生はこう話します。「まずは、各デザートのカロリーをみてみましょう。和菓子と洋菓子では、約1.5~3倍もカロリー量が変わることが分かります」

<洋菓子>
タルト類……約350kcal
パイ類……約450kcal
大きめのショートケーキ……約400kcal

<和菓子>
おはぎ……約130kcal
たい焼き……約200kcal
みたらし団子……約100kcal

<その他>
プリン……約160kcal
バニラアイス……約230kcal
板チョコレート……1枚約400kcal

「カロリーが気になる場合は、洋菓子よりは脂肪分が少ない和菓子を選ぶといいでしょう」と言う福田先生は、
「洋菓子には、バターや生クリームの脂肪に砂糖・小麦粉などの糖質と、高カロリーの材料の組み合わせでできているものが多くあります。とはいえ、和菓子には、もち、求肥(ぎゅうひ)、砂糖、豆類といった、糖質の割合が高い食材が多く使われています。いずれにしても、食べ過ぎには注意が必要です」と説明します。

具体的な食べる量については、「1日に食べてもいい適量がひと目で分かる『手ばかり』を使うことをお勧めします。自分の手を量りにする方法です。

例えば、まんじゅうなどの和菓子は、片方の手の親指と人さし指をくっつけて、その輪の中に入る量が適切です。ケーキなどの洋菓子は、片方の手のひらに軽くのる分量です。目安は小さめのシュークリーム1個、クッキーなら2枚、ショートケーキなら3分の1程度でしょう。スナック菓子は、ポテトチップスなら3枚~6枚程度、片方の手のひらにのる分量です」
と、福田先生。

もっと低カロリーなデザートを選びたい場合は、「量感があって食物繊維の豊富な寒天ゼリー(約100kcal)が最適です。

味気ないイメージがあるかもしれませんが、工夫次第でおいしいデザートが作れます。例えば、紅茶のティーパックを煮出して粉寒天を入れて溶かし、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。

はちみつを少しかけるとおいしくいただけます。アレンジをしてコーヒー味、抹茶味など、さまざまなテイストのゼリーを楽しむこともできるでしょう。

また、寒天ゼリーは、食事の前に食べることで満腹感を得られ、便秘の改善、食べ過ぎ予防に期待ができます。メタボリックシンドロームや糖尿病の医療の現場でも、腹やせ食としてお勧めしています」(福田先生)

■寝る前に食べると肥満の原因になる

続いて、太りにくいデザートの食べ方について、福田先生はこう説明します。

「デザートは、食材や量だけでなく、食べるタイミングも大切です。まず、寝る前は避けましょう。デザートを食べて血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が上がったままで寝ると、就寝中や朝の血糖値に影響を及ぼすだけでなく、寝ている間はエネルギー消費量が少ないので肥満の原因にもつながります。

ですから、できれば午前中、または活動量が多い昼間、特に運動の前に食べるようにすれば、ある程度のエネルギー消費が期待できます。

また、脳の満腹中枢を刺激するホルモンは、分泌されるまでに食後20~30分の時間がかかります。それが分泌されないうちに早食いすると満腹感が得られず、食べ過ぎてしまうことになります。

少量を楽しみながらいただくことがカロリー消費につながるという報告もあります。早食い、がつがつ食いは禁止です」

さまざまなお菓子を見比べると、そのカロリーの違いは一目瞭然。太らないためにも、デザートの選び方や食べる量に注意をしながら、ときには寒天ゼリーを作りたいと思います。

(岩田なつき/ユンブル)

監修:福田正博氏。大阪府内科医会会長。医学博士。糖尿病専門医。ふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)院長。名医として数々のメディアで紹介され、著書に『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』、『専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』(ともにアスキー新書)、『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』(扶桑社新書)、『専門医が教える5つの法則 「腹やせ」が糖尿病に効く!』(マガジンハウス)、また『専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』(洋泉社)がヘルシーダイエットのための料理本として話題。

お役立ち情報[PR]