お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

現代人は健康に不安あり!? 半数以上「疲れやすい」、約3割「イライラする」と回答

健康のために心掛けていること

近年、家族構成の変化やライフスタイルの多様化により、日本人の食生活が変化している。また、さまざまな健康ブームの一方で、高血圧や糖尿病などの生活習慣病への罹患も年々増加傾向にある。佐藤食品工業株式会社は、全国の20代~50代の有職者男女208名を対象に、「『健康意識と朝食』に関する意識・実態調査」を実施した。

【「朝食抜き」は心臓発作で死亡する確率が27%も高い】

同調査によると、現代人の81.2%が「健康のために何かしら心掛けていることがある」と回答。最も多かったのが「十分な睡眠をとる」(42.3%)。次に、「バランスの良い食事をとる」(39.4%)、「定期的に適度な運動をする」(29.8%)と続いた。しかし、その一方で、86.5%が「何かしら健康状態で不安なところがある」と回答していることが判明。半数以上の50.5%が「疲れやすい」と答えた。次に多かったのが「イライラすることが多い」(29.3%)であった。

健康状態で不安なところ

朝食で最も重視することは、「主食を食べること」(65.4%)、以下、「とにかく何かを食べること」(34.1%)、「簡単に調理できること」(26.9%)と続き、「栄養バランスが整っていること」は、わずか7.7%だった。また、24.5%が「平日に朝食を食べないことがある」と回答した。

平日の朝食で重視すること

平日に朝食を食べる頻度

20代~50代の男女が好きな朝食の1位は「パン(トースト・菓子パンなど)」 、2位は「ごはん(おにぎり)」 、3位は「たまご料理(玉子焼き・目玉焼き・スクランブルエッグ・オムレツなど)」という結果になった。

現代人の好きな朝食ランキング

また、普段の朝食に餅を取り入れることについてどのように感じるか尋ねたところ、「とても良いと思う」と「まあ良いと思う」を合わせた好意的な回答は33.6%だった。その理由として、「腹持ちが良い」「手軽に食べられる」という回答が多かった。それに対し、「良いとは思わない」と回答した理由では、「メニューの種類が少ない」「調理が面倒」といった回答が多かった。

朝食に餅を取り入れることについて

お役立ち情報[PR]