お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どのナンパならついていく? 思わず笑った「ナンパ男子のセリフ集」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

夏真っ盛り、なぜか恋がしたくなってしまいます。ビーチから街中まで、あちこちでナンパを繰り広げている男性もいますよね。夏のテンションにまかせて、ちょっと変わったナンパもあるようで……。そこで、働く女子たちに「つい笑ってしまったナンパのセリフ」を聞いてみました。



まずは、非日常感もある海やプールでのナンパについて。

■「あそこのイケメン、俺の友だち」(31歳/飲食)
「女友だちと2人で海に行ったときに『あそこのイケメン、俺の友だちなんだけど、一緒に遊ばない?』と声をかけられた。とりあえず、そのイケメンをここに連れてこいよ! って思いました」

ちなみに「あそこのイケメン」が友だちというのは嘘だったそうです。小道具に使われたイケメンっていったい……。

■燃え尽きちゃう!?(27歳/化粧品)
「プールにて。『一緒に太陽に焦がれませんか』と言われた。こっちが必死に日焼け止め塗ってるのが目に入らないの? 冗談だとしても、なんかイラッとしました」

言葉のチョイスが悪かったですね。相手の様子をきちんとキャッチしないとこんなことに……。

■「流されやすいから……」(29歳/建築)
「『ここの海流、けっこうキツイらしくて、流されやすいから気をつけてね。ところで俺との恋に流されるっていうのはどう?』。思わず笑っちゃって、その日は一緒に遊びました。ユーモアたっぷりの人でしたよ」

恋に流されても海流には流されるなとは、うまいこと言います。笑わせた者勝ち、ということでしょうか。

一方、街中でもナンパをしている男性は……。

■相合傘(29歳/制作)
「日傘を差して友だちと待ち合わせをしていたら『あなたの心の傘に俺を入れてください』。
おもしろくなかったので、無視しました」

なんだかうまいこと言われたような気もしますが、意味はよくわかりませんね。

■妹?(26歳/教育)
「自分の妹と間違えたフリをして声をかけてきた人がいました。『あんまりかわいいから俺の妹かと思っちゃった』って。それもどうなの?」

女性をかわいいと褒めつつ、遠まわしに自分を持ち上げることも忘れないとはあっぱれ。

■作詞作曲オレ!(25歳/販売)
「『キミのためなら一曲作れそうなんだ。だからカラオケ行かない?』。タイプの人だったので、もっと普通のナンパだったらついて行ってたかも(笑)」

奇をてらいすぎて失敗したパターンですね。残念です。

「ひと夏の恋」という言葉があるぐらい、夏は誰しも恋したくなる時期。ナンパでの出会いも悪くない……かもしれません。あなたは、笑っちゃうようなセリフでナンパされたことはありますか?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]