お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

じわじわムカつく一言「いい意味でおばさん」「ぶさいくおしゃれ」

伝えたいことをオブラートに包んだり、ぼかしたりするのにはなかなか便利な日本語。

【彼氏とケンカしたときに一番言われてむかつくこと】

言われたときはピンと来なくても、後から「ああ、そういうことか……」なんて、その意味が分かってくることもあったりしますよね。読者に「言われたときはピンと来なかったけど、後からじわじわムカついてきた一言」をアンケートしました。

■それ、褒めてます?

「全体的に見ると小顔だよね」(30歳/女性)

「スッピンでも変わらないね!」(33歳/女性)

「センス良すぎて理解できない!」(23歳/男性)

「いい感じに熟れてるよね」(24歳/女性)

「写真写りはいいよね」(31歳/女性)

「カラオケで『下手うま~』」(33歳/女性)

「ぶさいくおしゃれ」(34歳/男性)

「色白は七難隠す」(31歳/女性)

「『いい意味でおばさんになった』と、中学生時代の塾講師。いい意味ってなんだよ」(31歳/女性)

「彼氏が私の作ったケーキを『普通においしい』と。彼はいい意味で使ったそうだが、頑張って作ったのに『普通に』はない」(30歳/女性)

相手は褒めているつもりでも、本人にしてみれば……といったパターン。悪意がなさそうな感じが、なおさら罪深いですね。

■それ、失礼ですよね?

「結婚相手としては良いんだけど、恋人としてはね~」(27歳/男性)

「私日本人ですが、『イントネーションが独特。帰国子女?』と。出身地をバカにされたような気が……」(30歳/女性)

「『女の子は背が小さい方が絶対いいよ!』って、私コンプレックスなんだけどそれ」(26歳/女性)

「友人から『すごく味気ない生活だね』って。ただ節約して貯金をしていると言っただけなのに」(29歳/女性)

「『私の問題だからあなたは悪くない』という別れのセリフ。自分の浮気をいいように言ってんじゃねえ!」(29歳/男性)

「あなたでもできるんだ。おれも頑張ればできるかな」(22歳/男性)

「『子どもは30歳までに2人産んどいた方が良いよ』って。私今すぐ妊娠しても間に合わない」(28歳/女性)

「結婚式で花嫁に『いい人見つけてね』と。上から目線かよ!」(28歳/女性)

善意の励ましやアドバイスが逆効果になってしまうことも。「あれ?」と思ったら、適当にスルーしたいですね。

こういった一言では、自分が被害者になることもあれば、うっかり加害者になってしまうこともあるもの。「意外と人は嘘つけない」ってことは、頭の片隅にでも置いといた方がいいのかもしれません。

調査期間:2013/7/12~2013/7/16
有効回答数734件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(佐藤育児+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]