お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【当たる占いレポート】「輪廻転生を繰り返した後の自分自身」を霊視してくれる「スピリット911」

松本玲子

スピリット911のカウンセリングルームは広々とした快適空間

世の中には白黒つけられないことが多い。とかく科学で証明できないものはそうだ。例えば霊魂や死後の世界。「死ねば無である」と唱える人がいる一方で、目に見えない世界の存在に目を向け、死者の声を聞き、それを私たちに伝えてくれる人もいる。

【20代の現役占い師に聞く、占い師になる方法】

「スピリット911」で霊視カウンセリングを行っているジョージさんも、そんな不思議な能力を持っている。

私がジョージさんと出会ったのはかれこれ10年近く前のこと。当初、彼が特殊な能力を持ち合わせていることについては知る由もなかったのだが、その後、誰かと喧嘩中の私に「ものすごい怒りの感情が伝わってくるけど、どうかした?」と電話を寄こしてくるなどといった面妖なことが続き、その特殊能力について否定することがかなわなくなったのだ。

■相談の答えは「未来の相談者自身」から引き出す

そこで今回、私のことを本格的に霊視してほしいとお願いしたところ快諾してくれたので、早速取材させていただくことに。こちらのカウンセリングは、セッションルームで受けることも、自宅など希望の場所で受けることも可能だが、今回は私が訪れることにした。

セッション中は、ジョージさんの隣で、こちらのオフィスでリコネクション(=これを受けることで、人生の本来の目的に沿った生き方ができるようになるといわれるヒーリング)を行っているヒーラーのよしだえみこさんがメモを取る。

文字に起こすことで聞き漏らしを防げるし、二度目以降に訪れた相談者に前回の内容を確認してもらうのにも役立つのだとか。

  • カウンセラーのジョージさん

  • スピリット911代表も務めるよしだえみこさん

しかも、よしださんはカウンセリングの進行も担当してくれるので、申込時に質問内容を送っておけば、座っているだけで霊視が進んでいくので楽である。

「今日は、今後の仕事についての相談でしたよね?」などとの彼女からの問いかけにうなずいている間、ジョージさんはじっと虚空をみつめている。どうやら私の後ろにいる「何か」の言葉を聞いているようだ。

ややあってジョージさんは口を開いた。「今あなたはいくつかの仕事を同時進行していて、どれも95%の結果を出せているけど、どれも100%には達していないようですね。やりたいことをどれかひとつに絞っていないために、一流の人間になれる素質を無駄にしています」。

ちなみにジョージさんは、この言葉を、「輪廻転生を繰り返しながら成長した、未来の相談者自身」から引き出しているとのこと。なんでもその「未来の自分自身」は、時空を超えたところに存在して、すべてを見通しているのだとか。

ジョージさんはさらに、「どれかひとつを100%にしようとしたら、それを達成するまでの間、しばらく経済的には相当苦しくなるでしょう。だけど達成できたら、そこからは多角経営が今よりスムーズになるし、すべての仕事において今より責任が伴うことを任されるようになるでしょう」と続けた。

それは願ってもないことだけど、じゃあ、そうなるためには一体どうしたらいいの? と尋ねる私の前で、ジョージさんはまたもあらぬ方に目をやりながら答える。

「あなたは、本当は心の中では厳しく人を判断しているけど、初対面の相手に対して、自分のことを“いい人”だと感じさせるプラスのエネルギーを出しているので、目標を達成するためにはえげつない手段を選んでも大丈夫です。例えば、取材を利用して会いたい人に会うとか」。

なるほど。えげつないと聞いてエロいことを想像した私が阿呆でした…。それにしても、未来の自分からのメッセージは一体どんな形で届いているの?

「質問への答えは、画像や映像、思想、3D、4Dなどとさまざまな形のデータとして頭の中に送られてくるので、それを言葉に変換して相談者に伝えています」とジョージさん。

そのため、まったくの門外漢のことを尋ねられた場合は、その答えを受け取ることはできるものの、適切な語彙(ごい)が自分の中に存在しないがために言葉を吐きだすのに苦戦することもあるそう。

「例えば、著名な植物学者、ある植物の起源について自らが立てた仮説が正しいか否かを教えてほしいといわれたことがあるんですが、送られてきたメッセージは植物学の定説を根底から覆すものだったので、専門用語を持ち合わせていない状態で説明するのは至難の業でした」。

しかし、たどたどしいながらもなんとかデータを言葉に変換して伝えたところ、相談者はすっかり納得して帰路に着いたという。

■写真をみれば、うつっている相手の気持ちも読み取ることが可能

ちなみにジョージさんは、写真にうつっている人物が今どんな状態で何を考えているのかも分かるのだとか。

確かに、過去に一度プライベートで、不信感を抱いていた相手の写真をみてもらったところ、「近いうちに仕事で裏切られるよ」と言われて間もなくその通りになって驚いたことがある。

人間関係で悩みを抱えている人は、相手の写真持参でカウンセリングをお願いするといいだろう。

また、カウンセリング終了後にはパワーストーンであるトルマリンをお土産としていただけるのだが、身につけておくと運気アップや空間の浄化に強い効果を発揮してくれるのだとか。

カウンセリングによって導き出された「よりよく生きるための策」を実践することが難しいことに思えたとしても、トルマリンの力を拝借することで、潜在能力がアップして思ったより楽に目標を達成できるということもあるかもしれない。

お土産のトルマリンはかわいい袋にいれてくれる

●information
オフィス スピリット911
http://www.spirit-911.com/

(松本玲子)

お役立ち情報[PR]