お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【当たる占いレポート】今すべきことを知りたいなら、相談すべし!「占いダイヤル メビウス&イリエル」

松本玲子

キャンドルを灯して空間を活性化させることで、タロットのリーディング力がさらに冴える

タロットのリーディングを、「めくられたカードの持つ意味を解説すること」と理解している人は多いだろう。しかし実のところ、それは正しい解釈ではない。カードをめくった瞬間に「降りてきた言葉」を、頭の中で瞬時に「相談者にとって必要な言葉」へと変換する能力を持ち合わせていなければ、真のタロット占い師とはいえないのである。

【占い師直伝の恋愛必勝テクとは】

人知を超えたこの能力を確かに有した占い師のひとりが、「占いダイヤル メビウス&イルエル」に所属する神那零士さんだ。神那さんによると、相談内容を頭に思い浮かべながらカードを裏返すと、瞬時にインスピレーションがひらめき、「胸にこみあげてくるものがある」のだそう。

■今この瞬間の行動や気付きが、未来を大きく左右する

「相談者の現状や抱えている問題、かかわっている相手の心まで、透視したかのように語れるのがタロットです」。

そう語る神那さんは、鑑定においては「今」を基準にリーディングを進める。「今がなければ未来はないですから。『今』というのは変化そのもの。『今この瞬間にどんな行動をとるか』あるいは『何に気付くか』によって未来は大きく変わるんです」。

実は私が神那さんに取材させていただくのは二度目だが、前回の取材時に、「あなたはまだ気付いていないかもしれませんが、今、あなたを見守ってサポートしてくれる人の影が色濃く出ています」と鑑定され、正直言ってその時点ではさっぱり思い当たる節がなかったのだが、不思議なことにそれから1カ月足らずの間に本当にそういう人が現れたのだ。

というわけで今回も大いに多いに期待しながら鑑定していただくことに。

■鑑定後、ポジティブなエネルギーがわいて沸いてくる

神那先生は電話で鑑定を行っている。そのため、相談内容を告げた後は、先生がカードを操ってリーディングを終えるまで電話口で待つことになる。そこで、しばし黙して結果を待っていた私に開口一番告げられたのは、「今、あなたは大きな分岐点にいますね。

自分の生き方を振り返って、今後進むべき道を見極めているところです」との言葉。

「今きっと、これまでと同じペースで同じ仕事を進めていくか、生き方をガラリと変えて跳躍するかで迷いが生じているために物事が停滞していると思いますが、そういうときって、心の中に『見つけてくれ』と呼びかけている何かがあるもの。

それを見付けることによって、これまで当たり前だった概念をくつがえして新しい道を切り開いていけるはず」。

ずばりである。まさしくおっしゃる通りで、ここ数週間さまざまなことが押し寄せていて、その影響で思考が定まらないばかりか、実は今週は急な葬儀で帰省することになり仕事を休んでいたため、こうして原稿を書いていることさえ久しぶりである。

と、ここで気になるのが「今」が作る未来だ。「現在、物事の進み具合がスローだとしても気にしなくて大丈夫です。大切なのは立ち止まらないこと。戦車のカードが出ているので、牛歩であっても止まらずに進み続けさえすれば、人生の新生面を切り開くことができるでしょう」。

その言葉を聞き、ああ、焦る必要はなかったんだ、ゆっくりでも確実に前に進み続けることが大切だなとあらためて思わせられる。

「今は、芸域を広げるために、さまざまな分野の芸術作品を見聞きしておくといいですよ。特に、海外に関するものは有益。海外のアートやエンターテインメントに触れることで、女性らしさが高まり、いざ新しい世界を切り開くときの武器になります」。

前回の取材時から強く感じていたことだが、神那さんの言葉と口調には相手の心をポジティブにする力がある。

私は、これまでに数多くの占い師やカウンセラーにインタビューしてきた経験から、「占いやスピリチュアルで一番大事なのは、鑑定後に相談者がいかにプラス思考になれるか」だと思っているのだが、神那さんの鑑定を受けるとまさにそうした効果が得られるのだ

それが、「相談者が今、必要な言葉を伝える」占い師としての使命だということに、この人はとてつもなく強い責任感を持っているのだ。

神那零士先生と、先生が使用しているタロットカード

■真の占い師はかくあるべし

しかしどうして、こうも的確な言葉を「降ろして」くることができるのか。

「高校時代、同級生の女の子たちから恋愛について占ってほしいと相談されてたんです。女の子たちは誰しも恋の行く末に心を砕いていて、それまで深い話をしたことがない子までもが、私になんでも打ち明けてくれていました。

そのとき、打ち明けてもらうことに対して、私は全力で返さないといけないと悟ったんです。以来ずっと、カードが本来持っている意味を抽象的な言葉で説明するのではなく、ひとりひとりにとって、今、必要なことを、より分かりやすく伝える方法を模索し続けています」。

なるほど。この強い思いがあるからこそ、リーディングにおいてのインスピレーションがかくもさえ渡るのだろう。

「生きていく上では、ささいな出来事が苦しみに発展することだってあるものなので、なんとなく胸がつっかえている時点で吐きだすことはとても大切。私は、つらい思いを抱えている人に頼りにしてもらえる存在でありつづけたいですね」。

カードを収納するタロットボックスにも並々ならぬこだわりが。右は、月夜に真っ赤なドラゴンとペンタクルスを描いた「ルナマジック」

身近な人には相談しにくいことも、見ず知らずの占い師になら気楽に相談することができるはず。しかも、顔を合わさない電話占いならなおさらだろう。最近どうもぱっとしなくて気持ちがすぐれない・・・なんて人もぜひ気軽に電話してみてほしい。

受話器を置くころにはきっと心が晴れ渡り、今日するべきことが明確にみえてくるはず。

ちなみに、神那先生によると、「もっとかっこよくなるにはどうすればいいの?」なんて相談もよくあるのだとか。もちろんその問いに対する答えも千差万別。ひとりひとりにぴったりの方法を導き出してくれるので、臆(おく)せず、自分の願望を伝えてみよう。

●information
占いダイヤル メビウス&イリエル
http://www.mobius.co.jp/
1指名 20分以内3,150円(税込)/20分以降1分毎158円(税込)

(松本玲子)

お役立ち情報[PR]