お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

スイカを食べる頻度「月に1~2回」42.2% 夏バテ・熱中症・日焼けにはスイカが効果的!!

スイカは好きですか?

タキイ種苗株式会社は、夏の果物の代表である『スイカ』について、2013年8月2日(金)~5日(月)、20~60代の男女322名を対象にインターネット調査を実施。また調査に関連する、意外に知られていないスイカの効果や効能に注目し、日差しも強く暑い夏を健康的に過ごすための提案を発表した。

【日本各地の変わったそうめんの食べ方「鯖そうめん」「スイカそうめん」】

 スイカは16世紀にポルトガル人から伝えられたとされ、暑い夏が旬ということもあり夏休みのデザートやスイカ割りなど日本の夏をイメージする果物として浸透している。また、熱帯の国々では、スイカから水分を取るためによく食べられている。今回の調査では実際にスイカが好きな人はどのくらいいるのか、スイカの好きな所、食べる頻度などスイカに関する様々な調査を実施した。その結果、「スイカは好きですか」という問いに対し、大多数の人が「好き」(84.8%)と回答。改めてスイカが人気の果物だということが分かった。
 スイカが人気である理由には、美味しさや夏の風物詩という以外にも、夏バテ・熱中症・過度の日焼けなど、夏に起こりやすい症状に効果的な栄養が含まれていることが関係していると考えられる。
例えば、スイカは果肉の90%以上が水分だが、ビタミンAやカリウムなどのミネラルが豊富で、その成分比率が市販のスポーツドリンクとよく似ており、エネルギーに転換の早い果糖やブドウ糖も含まれていることから、スイカを食べるだけで熱中症や夏バテ防止に効果的といわれている。カロリーも低いので、ダイエットにも最適な食べ物だ。
 また、みずみずしい果実や果汁の赤色色素はリコピンとカロチンの混合物で、ビタミンC、シトルリンも含まれている。リコピンは、シミ・ソバカスの原因となる活性酸素を減らす力が強く、ビタミンCは肌のハリ、弾力に欠かせないコラーゲン繊維の合成に重要な役割を担っており、思いがけず日焼けしてしまった方はスイカを摂取することがオススメだという。

【タキイ種苗 「スイカ」に関する調査】
Q1.スイカは好きですか?<n=322>(SA)
◇「好き」(84.8%)と回答した人は、男性(82.7%)・女性(86.9%)とかたよりなく人気!

Q2. スイカの食べ方でオススメの方法を教えてください。<n=322>(FA)
第1位:「そのまま」
第2位:「塩をかける」
第3位:「冷やす」
第4位:「小さく切る」
第5位:「ジュースにする」

Q3.スイカのどのようなところが好きですか?<n=273>(MA)
◇「夏の風物詩」や「夏バテ防止」などが上位に入り、夏に欲する果物だということが明らかに。
第1位 「みずみずしくて美味しい」(85.3%)
第2位 「夏の風物詩」(62.3%)
第3位 「甘い」(56.0%)
第4位 「夏バテ防止になる」(17.9%)
第5位 「家族(こども)が好きだから」(14.3%)

スイカのどのようなところが好きですか?

Q4.夏場にスイカを食べる頻度は?<n=322>(SA)
◇「月に1~2回」(42.2%)が最も多かったが、一方で、スイカは好きだが「ほとんど食べない」(20.5%)という意見も。

夏場にスイカを食べる頻度は?

Q5.スイカを購入する際に選ぶ種類は?<n=322>(MA)
◇1/4、1/8にカットされているスイカを購入すると回答した人が半数以上(55.6%)。一口サイズにカットされているスイカはすぐ食べることが出来るうえに、廃棄が少ないこともあり需要が高いようだ。(12.7%)

お役立ち情報[PR]