お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

美にまつわる都市伝説のウソ・ホント「きゅうりパックで美白→×」「ニキビは潰しちゃダメ→白いのはOK」

美しくなるために日々研究を重ねる女性たち。そんな彼女たちの情報源は雑誌やテレビ、さらに口コミやウワサなど多岐にわたります。なかには「これ、本当に美容にいいの?」と首をかしげてしまうようなものもありますよね。

そこで、すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌の作り方などの情報を発信している「日本すっぴん協会」に、まことしやかに囁かれる6つの美容都市伝説の真偽を伺いました!

【「鳥のふん」を使ったスキンケアがニューヨークで話題⇒】

●「きゅうりパックは美白に効く」→✕

「きゅうりには、光によって活性化し紫外線の影響を受けやすくなる物質『ソラレン』が多く含まれています。ソラレンはシミの原因となってしまうので、外出して紫外線を浴びる前にきゅうりパックをするのはオススメしません」

きゅうりパックが、シミの原因になってしまうとは! 侮れませんね。また、同じ「ソラレン」を含む食品は、レモン、オレンジ、イチジクなどのほか、パセリやクロレラ。これらのパックも外出前には気をつけたほうがよいそう。

「先に挙げたモノの中には、保湿効果や日焼けのほてりを落ち着かせる鎮静効果が含まれているものも多いです。ただ、柑橘類は肌に与える刺激が強すぎて、炎症を起こす原因にもなりかねないので、やはり注意が必要かと思います」

●「コラーゲンはサプリで摂っているから美肌になれる」→△

「肌の土台と呼ばれる『真皮』の約70%はコラーゲンでできているので、肌のハリや弾力はコラーゲンが支えていると言っても過言ではありません。でも、コラーゲンは年齢とともに作られにくくなっていくもの。最近では、化粧品でコラーゲンを得るよりも『食べる(飲む)』ものが増えていますよね。でも、経口摂取したコラーゲンは、そのまま直接肌に行くわけではありません」

ええ! 勘違いしてました……。

「口から入ったコラーゲンは胃に入り、アミノ酸に分解されます。それが体内でコラーゲン合成に使われることもありますが、骨や血管など、コラーゲンを必要としているのは肌だけではないんです。なので、コラーゲンが必ずしも直接「美肌」へと結びつくとは言えません。とはいえ、コラーゲンの新陳代謝のためにも、経口摂取を続けていくことは、『若々しい肌』につながるとも考えられるので、一概には言えませんね」

ちなみに、コラーゲンの吸収をよくするには、ビタミンCと一緒に摂取するのがオススメなのだとか!

●「ニキビは潰しちゃダメ」→白ニキビはOK

「毛穴に皮脂や汗・アクネ菌がたまって毛穴をふさぎ、皮膚が盛り上がってできた『白ニキビ』は、比較的軽い症状なので、適切なケアをすれば問題ありません」

ニキビは総じて潰しちゃダメだと思ってました! 白ニキビを潰すには医療機関での処置、もしくは自宅でできる専用器具も売られているそう。

「セルフケアをする場合は、毛抜き用ピンセットと『コメドプレッシャー』という専用器具を使って白ニキビの油分を押し出します。そして、コメドプッシャーに押し出された白ニキビの芯を切る、という方法です。このとき使う道具は、きちんと洗って清潔なものを使い、使用後は消毒も忘れずに。ただ、事故処理をする場合も、ニキビの状態ややり方次第では消えない痕になってしまう危険性があるので、専門医に相談したうえで、試すことをオススメします」

●「チョコレートを食べるとニキビができる」→✕

「ペンシルバニア大学の研究結果で、チョコレートを食べることとニキビの悪化は無関係なことが証明されています」

これは朗報! これからはいっぱい食べちゃいます!

「ただ、チョコに限らず、糖や乳脂肪分をたくさん含んだ食品を食べすぎると、皮脂腺から出る油分が多くなるため、ニキビが発生しやすい状態にはなってしまいますよ」

うっ……たしかに、節度は守らなきゃダメですよね。

●「古い日焼け止めは効果がなくなる」→✕

「1年前の日焼け止めでも、SPF(紫外線防御指数)・PA(肌を黒くする日焼けを防ぐ)などの性能自体は変わりません。未開封で直射日光を避けて常温で保管しているものは1年前のものでOKですが、開封済みのものは、ワンシーズンで使い切るのが理想です。ただ、使用期限が過ぎてしまうと雑菌がわいたり肌トラブルの原因にもなるので、気をつけてくださいね」

性能は落ちないとはいえ、古いものを使うのはリスクが高いんですね。紫外線は一年中降り注いでいるので、季節に限らず使っていれば使用期限が切れることはないかも?

●「落ち込んだ時には、明るい音楽を聞いてストレスを解消する」→✕

「実は、沈んでいるときに明るい曲を聞くのは逆効果なんです。落ち込んでいるにも関わらず、明るい曲を聞くと『気分不一致』が起きてしまい、さらに落ち込んでストレスを感じます。ストレスは肌荒れにもつながるので、美容にもよくありませんね」

ツラいときこそ音楽は明るく! なんて思ってました。じゃあ、落ち込んだときにはどんな曲を聞いたほうがいいんでしょうか?

「ふさぎこんでいるときこそ、気分に合った暗めの曲を聞いてください。『今は休みなさい』という脳からの司令に従うことが、立ち直るためのいちばんの近道なんです」

落ち込んだときこそ暗い音楽で、どん底まで落ち込むのがベター!?

いかがでしたか? 筆者自身も惑わされていた美容法都市伝説がたくさんありました……。美しくなりたい女性の数だけ美容法が存在するのかも。その真偽を見極める心構えが必要なんですね。

☆取材協力

「日本すっぴん協会」 http://suppin.info/
肌とずっと向き合っていく女性たちが、すっぴんに自信を持ち、自分自身を好きになれるようにすっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりの作法を、ともに考え発信していく。美肌に関連する企業や団体、メディアとのコラボ多く、女性のための協会。

(大貫未来/清談社)

お役立ち情報[PR]