お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

スーパーマリオブラザーズあるある「ノコノコが土管から跳ね返りミスる」「スター直後穴に落ちる」

1985年に発売され、世界で一番売れたゲームとして、ギネス記録にも認定されている『スーパーマリオブラザーズ』。シンプルな横スクロールのアクションゲームだけに、大人から子供まで楽しく夢中で遊びました。

【女子会トークあるある】

今回は、そんなスーパーマリオブラザーズの「あるあるネタ」を紹介します。

■誰もが同じことをやった? マリオあるある

●1面のステージ1(1-1)はBダッシュが基本。(34歳/男性)
タイムアタックをする人も多かったですよね。

●最初のクリボーにBダッシュで体当たり。(36歳/男性)
初心者にありがちなミス(笑)。

●蹴ったノコノコの甲羅が画面外の土管に当たって跳ね返り、ミス。
土管がギリギリの位置にあると当たり判定があるんですよね。油断しているとやられます(笑)。

●スターを取って無敵になった直後に穴に落ちる。(29歳/男性)
「スターの効果が時間切れになる前に!」と、急ぐとこうなります。

●隠しブロックを探してウロウロ。(37歳/男性)
当時、全部把握している人を尊敬しました。

●1UPキノコに追いつけない。(30歳/女性)
そして穴に落ちると……(笑)。

●意外と難しい「無限1UP」の裏ワザ。(35歳/男性)
タイミングのコツさえつかめば簡単なんですけど、そこまでがなかなか……。

●ゴール地点にあるポールを何とかして飛び越えられないか考える。(32歳/男性)
「あともう少し!」という状態になっても微妙に戻されるんですよね。

●水中ステージで「マリオはすごい長く息が続くんだなぁ……」って思った。(34歳/女性)
そこが「スーパー」たるゆえんですよ(笑)。

●2周目のクリボーの移動スピードの速さにビビる。(39歳/男性)
最終ステージまでクリアすると、また最初のステージからのスタートになりますが、敵の移動スピードがアップするなど難易度が上がっています。

●どの土管に入れるか分からない間は、全部の土管の上で十字キーの下を押しまくった。(38歳/男性)
入ることのできる土管を見つけるとすごくうれしくなったものです。

今なお続くマリオシリーズの礎を築いたともいえるスーパーマリオブラザーズのあるあるでした。

1-1のBダッシュクリアやスターを取った直後のミスなどは、筆者も「あるある」とうなずけました。同じように、当時スーパーマリオブラザーズを遊んだ皆さんは、どんなあるあるがありますか?

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]